VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > VRでセールスドライバー体験!佐川急便のインターンシップ用コンテンツを開発

VRでセールスドライバー体験!佐川急便のインターンシップ用コンテンツを開発

株式会社360Channelが運営する総合VRプロデュース事業であるVR PARTNERS事業部は、佐川急便株式会社の依頼を受けて株式会社リクルートキャリアが企画、株式会社リクルートが制作した、佐川急便株式会社のインターンシップVR体験「佐川SD(セールスドライバー)チャレンジ」のストーリー考案・CG制作・システム構築を担当した事を発表しました。


「佐川SDチャレンジ」とは?

「佐川SDチャレンジ」とは、佐川急便のインターンシップ受講者向けのVRプログラムです。

セールスドライバーの仕事を、VRを通じてリアルに体験することが可能です。

【体験イメージ】

【コンテンツ内容(一部)】

「佐川SDチャレンジ」開発の背景

佐川急便では、セールスドライバーのインターンシップにおいて

顧客との会話から物流課題の種を見つけ、密にコミュニケーションを取ること

その種から見つけた物流課題に対するソリューションを提供できること

を学んでもらいたいと考えており、その業務の概要と背景を資料を用いて佐川急便の営業であるセールスドライバーの仕事や目標を説明しています。

今回佐川急便は、それを効率よく実施するためにインターンシップVR体験の企画をリクルートキャリア社に依頼し、そういった背景から「佐川SDチャレンジ」が制作されています。



VRでセールスドライバー体験

このコンテンツの製作にあたっては、リクルートキャリア社とリクルート社の両社にて企画・立案された今回の「佐川SDチャレンジ」のコンセプトに基づき、まず架空の顧客である訪問企業の設定が決められています。

その設定を踏まえ、360Channel社で

・コンテンツチームが全体シーン設定及びストーリー骨子の企画

・3DCGデザイナーチームがCG空間、アバター、オブジェクトの制作

・エンジニアチームが登場人物の全挙動とストーリー分岐のプログラム設計の構築

が行われています。

インターンシップ受講者がVRを体験する際に、CG空間やオブジェクトの配置を意識的に広く見えるように、またチュートリアルでの説明を丁寧にすることでゲーム中に迷わないようにする、といったことに留意して制作されており、デザインや位置調整を突き詰め、自然なVR体験になるようUIが設計されています。

今回開発・提供されたVRアプリケーションにより、インターンシップ受講者は

・ドライバー目線での運転体験

・顧客先での業務やコミュニケーション

・物流課題の種の発見

という一気通貫した、従来の資料による説明よりもリアルなセールスドライバー体験をすることができるようになります。

また、何回でも挑戦することが可能なため、より効率的なインターンシップの実施及びセールスドライバーの業務理解の促進に寄与しています。

まとめ

株式会社360Channelが、佐川急便株式会社のインターンシップVR体験「佐川SDチャレンジ」の、ストーリー考案・CG制作・システム構築を担当しました。

このコンテンツは、インターンシップ受講者に学んで欲しい内容を突き詰めた設定がされいます。

受講者は架空の企業とのVRでのコミュニケーションを通じて物流課題を発見できる能力を構築することが可能となります。

人と人とのコミュニケーションは、資料で説明して理解してもらうことは難しいですが、VRなら立体的に体感することができ、危険予知や接客スキルをより早くより深く習得することが出来そうですね。

ソース:プレスリリース[PR Times]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む