VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > ARフィギュアに「FRAME ARMS GIRL」が登場!轟雷の等身大サイズが発売

ARフィギュアに「FRAME ARMS GIRL」が登場!轟雷の等身大サイズが発売

XR領域でアニメ表現のアプリを制作するGugenkaが、アニメ「フレームアームズ・ガール」の人気キャラクター"轟雷"の等身大デジタルフィギュアを、2020年12月18日(金)から販売を開始しています。


「轟雷」の等身大デジタルフィギュアが登場

今回ホロモデルにて販売が開始された等身大デジタルフィギュアは、2017年に放送された、プラモデルが原作のTVアニメ「FRAME ARMS GIRL(フレームアームズ・ガール)」に登場する"轟雷"のデジタルフィギュアで、ホビーメーカーである株式会社壽屋との共同で開発されています。

2020年12月18日より販売が開始されており、価格は税別3,500円となっています。

イベントで注目されたフィギュアが再び

このモデルは、2017年のイベントにて展示されて大注目を浴びており、その後は等身大サイズとなる10/1スケール轟雷の立像の販売が検討されていました。

そして今回、デジタルフィギュアとなってホロモデルに登場。

購入しやすい価格に置き場や取り扱いの心配もないデジタル化による新しいライフスタイルの提案が、ホロモデルを通じて実現しています。

イメージ

プラモデータを元に開発!ポーズも自由自在

このフィギュアは、実際のプラモデル「FRAME ARMS GIRL」で使用されたCADデータを用いて製作されており、壽屋のもつハイクオリティなプラモデルとしての魅力をあますことなく表現しています。

またフィギュアのポーズは自由自在に変更ができ、サイズ変更や収録ポーズ6種(プリセットポーズ)に加え、ユーザー自身が自由にポーズを付けられるモードも搭載されています。

そのためシチュエーションに合った、ポーズや表情を楽しむことができます。

イメージ



ホロモデルとは

HoloModels(ホロモデル)は、ARを活用して現実世界にキャラクターを表示することができるシステムで、今回の「FRAME ARMS GIRL」以外にも様々なアニメ・ゲーム作品のキャラがデジタルフィギュアとして販売されています。

サイズやポーズ、フードの着脱、表情など細かく自分の好きな形に設定することができ、いつでもユーザー自身の隣にキャラクターを呼び出すことが可能です。

PC VRを利用することでβ版のVR機能を楽しむことができ、ARと同様の操作がVR空間でできます。

VRでは、ARとは逆に自分がキャラクターに会いに行く体験を楽しむことができ、基本となるスマホARのほかに、PC VRやGateboxと遊び方を広げています。

©Gugenka®

©KOTOBUKIYA / FAGirl Project

まとめ

ARフィギュアのホロモデルで、TVアニメ「FRAME ARMS GIRL」の"轟雷"の等身大デジタルフィギュアの販売が開始されました。

このフィギュアは、実際のプラモデルで使われたCADデータが使用されており、デジタルでの再現ながらもハイクオリティな仕上げとなっています。

もちろん他のフィギュアと同様にポーズや表情も自在に変えることができ、現実世界に居ながら本当に"轟雷"が目の前にいるかのような体験ができます。

従来の等身大フィギュアは保管場所などに苦慮してしまっていましたが、ARフィギュアであればその心配はなくなりますね。

さっそく飾ってみて、等身大の"轟雷"を楽しみましょう。

ソース:LOCALPRESS NIIGATA








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む