VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > VRニュースイッキ見!【前編】「ARフィギュアに『FRAME ARMS GIRL』が登場!」など注目記事を振り返り!!

VRニュースイッキ見!【前編】「ARフィギュアに『FRAME ARMS GIRL』が登場!」など注目記事を振り返り!!

週末恒例!

今週(12/18〜12/24)で注目を集めた10記事を土日の2日間に渡ってお届け!

「見落としてた!?」

っていう情報があるかも?

それでは早速前半5記事見ていきましょう!


①ARのメッセージカードで気持ちを伝えよう!「メッセージWebAR」リリース

VRニュースイッキ見_ARのメッセージカードで気持ちを伝えよう!「メッセージWebAR」リリース

新型コロナウイルスの感染拡大を機にWebARは、地方自治体、観光業界、エンターテインメント業界など、多種多様な業種・企業でキャンペーンや販促などに広く用いられるようになっています。

そんな中、12月17日、WebAR・VRを手がける株式会社palanはアプリ不要で簡単にリッチなARを活用したメッセージカードの送信ができる「メッセージWebAR」を正式リリースしました。

「メッセージWebAR」ではクリスマスや年賀状等、様々なシーズンイベントでの個人間でのメッセージカードの送受信だけでなく、企業におけるプロモーションへの活用も期待され、デザイン、演出、画像等のデザインはpalan社へオーダーすることも可能です。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-187843/

②ARでダンスヒーローに!Snapchatが独自のMVを作成できるダンスコンテンツを追加

VRニュースイッキ見_ARでダンスヒーローに!Snapchatが独自のMVを作成できるダンスコンテンツを追加

12月16日、Snapchatに人気ダンスインフルエンサーMichael LeとDyttoが出演する新作コンテンツ「Move it!」が追加されました。

LeとDyttoのパフォーマンスを段階的に分析して紹介する「Move it!」では、ダンスパフォーマンスを学べるだけでなく、SnapchatのARカメラを使用して独自のAR拡張ミュージックビデオを作成できるのが特徴です。

制作したオリジナルMVをSnapchatで共有することで、自らもダンスインフルエンサーとしてデビューすることができるようになります。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-187800/

③カバやシマウマと記念撮影!GoogleがアプリとchromeにAR動物を50種類追加

VRニュースイッキ見_カバやシマウマと記念撮影!GoogleがアプリとchromeにAR動物を50種類追加

Google検索で利用できるAR動物にカバやシマウマなど50種類の新しい動物が追加されました。

2019年に最初にAR動物を検索に導入して以来さまざまなARコンテンツが追加されており、ハロウィンシーズンにはオバケやガイコツ、2020年11月にはオーストラリアの固有動物が登場しています。

今回の動物追加についてGoogleは詳細な動物リストを発表していないため、AR動物を探すために様々な動物を検索するユーザーも現れているようです。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-187778/



④コロナ禍でも家に居ながら楽しめる!「夜空のVR遊園地」が開園

VRニュースイッキ見_コロナ禍でも家に居ながら楽しめる!「夜空のVR遊園地」が開園

エクストリームイルミネーションや3つのバーチャルアトラクションが楽しめるデジタルコンテンツ「夜空のVR遊園地」が12月15日に開園しました。

「夜空のVR遊園地」はコロナ禍の状況下において少しでも明るい話題や楽しい場所を届けるために、デジタルクリエイタープロダクションである株式会社エクストリームが企画したものです。

このVR遊園地は2021年1月31日まで開園する予定で、JR池袋駅構内オレンジロードに貼付されたポスターを通じて簡易的段ボールVRゴーグルを配布しています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-187958/

⑤ARフィギュアに「FRAME ARMS GIRL」が登場!轟雷の等身大サイズが発売

VRニュースイッキ見_ARフィギュアに「FRAME ARMS GIRL」が登場!轟雷の等身大サイズが発売

Gugenkaが、アニメ「フレームアームズ・ガール」の人気キャラクター"轟雷"の等身大デジタルフィギュアを販売を開始することになりました。

2017年のイベントにて展示されて大注目を浴びたモデルがデジタルフィギュアとなってホロモデルに登場したもので、ホビーメーカー壽屋との共同開発により実際のプラモデルのようにフィギュアのポーズは自由自在に変更可能です。

"轟雷"のデジタルフィギュアは12月18日から発売開始され、価格は税別3,500円となっています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-187960/

まとめ

今週前半はARに関するものが中心となりました。

新型コロナの感染拡大により利用が多くなっているとはいえ、バーチャル技術はまだまだハードルが高い印象があります。

そんなバーチャル技術の中でもARは身近なものとなっているといえます。

ARを利用し続けることで「バーチャル」と触れ合うことになれば、新しい技術への苦手意識なく誰でも利用できるようになるのではないでしょうか。

XR技術の普及を切り開くものとして、ARがより盛んになっていって欲しいですね。

注目のニュース記事、後半の残り5記事は明日公開します!

お楽しみに!








XRマッチョ


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む