VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 世界中で大注目の最先端ARスポーツ「HADO」専用施設が埼玉・川越に誕生!

世界中で大注目の最先端ARスポーツ「HADO」専用施設が埼玉・川越に誕生!

株式会社meleapは、埼玉県川越市にてARスポーツ「HADO(ハドー)」を気軽に楽しむことができる専用施設「HADOフィールド 埼玉川越店」を2021年2月13日(土)にオープンすることを発表しました。


基礎から学べる公式スクールも展開!


「HADOフィールド 埼玉川越店」オープンと同時にHADO運営事務局公認の「HADOアカデミー」も開講される予定で、基礎から学ぶことで確実なスキルアップを図る専用プログラムを受講することが可能になります。

新規オープン記念キャンペーン実施!

さらに、オープニングキャンペーンとして、2021年3月末までに6名以上で川越店を利用したグループを対象に、次回以降使えるプレイチケット40枚(3,200円分)がプレゼントされます。(※初回利用時のみの特典)

プレイチケットは、誰でも利用できるので、まだHADOを体験した事がない友達とシェアして使用することもできます。

HADOフィールド 埼玉川越店 概要

施設名称:HADOフィールド 埼玉川越店

所在地:埼玉県川越市霞ヶ関東1-2-3粕谷ビル301

アクセス:東武東上線 霞ヶ関駅から徒歩1分

営業時間:13:00~23:00

設備:HADOコート1面、男女別更衣室完備、バナジウムシリカ水素水サーバー完備

利用料金:〈設備利用料金〉1時間あたりグループ5,980円
〈システム利用手数料〉1試合あたり1名80円

詳細:ホームページ




日本発のARスポーツHADOとは?


「HADO」は頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着して対戦するARスポーツ。

自らの手でエナジーボールやシールドを発動させ、仲間と連携しながらチームのフィールド内を自由に移動し、最大3対3で対戦を楽しみます。

誰でもボーダレスに楽しめる

「HADO」は誰でも簡単にプレイができ、体格や運動能力の差による影響の少ないシンプルで奥が深い競技です。

パラメーター(エナジーボールの速さ、大きさ、エナジーボールを撃つために必要なエナジーゲージのチャージのスピード、シールドの強さ)で自身の能力をカスタマイズすることで、運動能力や体格、年齢や性別などに関係なく楽しむことができます。

36カ国以上で楽しめる

日本発である「HADO」は、世界中に広まり、現在36カ国以上の国でプレイ可能です。

また世界で210万人以上の人が「HADO」を体験し、毎年年末にはHADO世界一決定戦「HADO WORLD CUP」が開催されるなど、その競技人口は日に日に増加しています。

詳細:HADO公式サイト

まとめ

東武東上線 霞ヶ関駅から徒歩1分という駅近に新たに誕生するHADO専用施設「HADOフィールド 埼玉川越店」。

HADO ARENA HIBIYAに次いで、公式スクール「HADOアカデミー」も展開される予定です。

ARでエナジーボールをぶつけあう非接触型のスポーツなので、コロナ禍でうつうつとする気分を晴らすのにも最適かもしれませんね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む