VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > ヴァーチャル産業交流展2020で「comony」を活用!出展者同士の交流会を実施

ヴァーチャル産業交流展2020で「comony」を活用!出展者同士の交流会を実施

イメージ

デジタルコミュニケーション領域におけるソリューション提供を手掛けているSoVeC株式会社は、「ヴァーチャル産業交流展2020」で2021年1月22日(金)に行われた出展社同士の交流イベントにて、ラストマイルワークス株式会社が提供するVR空間共有プラットフォーム「comony」が使われたことを発表しました。



ヴァーチャル産業交流展2020で「comony」を活用

「ヴァーチャル産業交流展2020」は、2021年1月20日(水)~2月19日(金)までオンラインで開催されているイベントで、東京都や東京商工会議所・東京都商工会議所連合会などから成る産業交流展2020実行委員会が主催しています。

東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県で、「情報」「環境」「医療・福祉」「機械・金属」のいずれかの分野を事業としている中小企業・団体などが参加し、製品などの情報提示や商談などを行っています。

23回目となる今回は、昨今の社会情勢を考慮して、SoVeC社が提供するヴァーチャル展示会プラットフォーム「そのまま展示会 ウェブブラウザ版」を使用したオンラインによる「ヴァーチャル産業交流展2020」として開催されています。

その中で1月22日に行われた、同交流展出展者15名による「ヴァーチャル出展者交流会」の会場に、VR空間共有プラットフォームの「comony」が利用されました。

この交流会は出展者間のビジネスマッチング促進を目的に実施されており、出展者同士がVR空間内でアバターを介したコミュニケーションを行っています。

イベント公式サイト

「comony」とは

今回の交流会で使用された「comony」は、ラストマイルワークス社が提供するVR空間共有プラットフォームで、クリエイターが制作したVR空間を自由に訪問したり、物件の内見や研修用のVRアプリを作成したりすることができます。

公式サイト



リアルな出展者同士の交流体験を

交流会の会場では、「そのまま展示会 ウェブブラウザ版」の活用により、最新VR技術を駆使した「ヴァーチャル産業交流展2020」のハイクオリティな3DCGによる商談ブースやステージが用いられており、リアルイベントさながらの臨場感で交流会が行われています。

イメージ

交流会では、VR空間で出展者同士がアバターを介して音声会話を楽しんでおり、相手との距離や位置によって音量や聞こえる方向が変化する立体音響を体験するなど、実際の展示会で商談をするかのような臨場感が再現されています。

イメージ

出展者によるPRタイムも実施

VR空間上のステージでは、各出展者による約1分間の自社PRタイムが実施されており、製品(サービス)のPRの後は出展者同士での商談や販路開拓についての相談などの、活発な情報交換が行われています。

イメージ

今回のイベントを通じてSoVeC社は、「テクノロジーの力でコミュニケーションを進化させる」というミッションのもと、日々高度化する企業のマーケティング活動の最適化・効果の最大化を図っていきたい、としています。

イメージ

まとめ

ヴァーチャル産業交流展2020で1月22日に開催された「ヴァーチャル出展者交流会」で、VR空間共有プラットフォーム「comony」が使用されました。

このプラットフォームは、クリエイターが制作したVR空間を自由に訪問したりすることが可能で、交流会では出展者15名ほどが音声会話による商談やコミュニケーションを楽しんでいます。

相手との距離によっては音量や聞こえる方角が変わったりと、リアルの交流会と同じ体験ができているということで、普段のオンライン会話よりも楽しめる交流会になったのではないでしょうか。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

↓こちらも読まれています↓

最新ニュースを読む