VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > スマホで利用できるVR百貨店が登場!伊勢丹が「REV WORLDS」リリース

スマホで利用できるVR百貨店が登場!伊勢丹が「REV WORLDS」リリース

イメージ

三越伊勢丹ホールディングスは、社内起業制度を発端にスタートした取り組みとするVRプラットフォームの確立に向けて、VRを活用したスマホ向けアプリ「REV WORLDS(レヴ ワールズ)」を、2021年3月10日(水)から提供開始したことを発表しました。

このアプリでは、伊勢丹新宿本店の一部コンテンツを再現した"VR百貨店"が体験できます。



「REV WORLDS」とは

「REV WORLDS(レヴ ワールズ)」は、百貨店大手の三越伊勢丹ホールディングスが提供している、自社プラットフォームを活用したスマホ向けアプリで、3月10日から配信されています。

同社では、IT・店舗・人の力を活用した「新時代の百貨店(プラットフォーマー)」を目指し、オンラインでもオフラインでも“最高の顧客体験”や、グループの強みにデジタルを加えた“新しい顧客体験”の提供を試みており、今回のアプリはその方向性の下で開発が進められました。

アプリ内では、時間や場所に捉われないオンラインの利便性に加えて、

・新宿東口の街の一部エリアをモデルとした仮想都市空間

・伊勢丹新宿本店の一部コンテンツを再現した仮想伊勢丹新宿店

を体感することができ、ユーザーはアバターを操作してVR空間上の街並みを見られるほか、仮想伊勢丹新宿店で買い物を楽しむこともできます。

再現された街や店舗は、基本的にリアル世界と同じテイストが保たれており、一部はVRでしか体験できない遊び心ある世界観が表現されています。

今後は、リアル店舗と連動したコンテンツとリアル店舗では実現できないサービスの提供をしていくことで、新しい顧客体験を提供していくとともに、他社コンテンツを誘致するなどして、VRプラットフォームの拡大にも挑戦していきたい、としています。

イメージ

公式サイト

VR空間で百貨店体験も可能

VR空間上の仮想都市には、24時間どこからでもスマホを通じてアクセスすることが可能で、スタート時には、伊勢丹新宿本店~新宿アルタ周辺といった新宿東口の街の一部エリアと伊勢丹新宿本店が再現されています。

イメージ

ユーザーは、アプリ内のどこに居てもチャット機能を使って他ユーザーとの会話を楽しむことができるほか、仮想伊勢丹新宿店のコスメやワイン売場で、気に入った商品を購入することができます。

気に入った商品はアプリ上でタップすることで、三越伊勢丹オンラインストアへ遷移し、そこで実際の商品を購入することが可能です。

また3月10日スタート時点で仮想伊勢丹新宿店のフロア構成は、

・地下1階が食品売り場

・1階が化粧品売り場

の2フロアとなっており、今後取り扱いカテゴリーを順次増やしていくことが予定されています。

イメージ

なお、スタート時点での店舗は、以下のようになっています。

<1階:バーチャルコスメ催事「ISETAN MAKE UP PARTY」>

「ISETAN MAKE UP PARTY」は3月30日(火)までの期間限定で開催されており、36のブランド・新宿本店限定品を含む約150点の商品が並んでいます。

また接客機能は無いものの、実在の販売員がアバターとなって来場者を迎えます。

イメージ

<地下1階:バーチャルデパ地下「世界を旅するワイン展」>

「世界を旅するワイン展」は3月26日(金)までの期間限定で開催されており、ワインコーナーにて実施されています。

並んでいる商品数は約30セットで、バイヤーが選りすぐりのワインを紹介する、リアル店舗と連動したバーチャルイベントとなっています。

なお、会期終了後は常設のワイン売場になる予定となっています。

イメージ

3月下旬のアップデートで拡張

3月下旬にはアップデートが予定されており、これによってユーザーは、様々なエリアに配置されたNPC販売員から商品やイベント情報を得ることが可能になります。

NPC販売員は、新宿本店の販売員を3Dスキャンして作成されており、バーチャル婦人服<リ・スタイル>ショップにおいては、チャット機能を使って販売員の接客を受けることができるなど、まるでリアル店舗にいるかのような「人とのつながり」を体験することができます。

なお、アップデート時の店舗は、以下のようになっています。

<1階:バーチャル婦人服「リ・スタイル」ショップ>

この店舗は、3月下旬より常設展開される予定で、約15ブランド・約30点の商品が展開されます。

モードなスタイリングを提案する婦人服の自主編集ショップ「リ・スタイル」をバーチャル化したもので、空間全体でリ・スタイルの世界観が表現されており、商品・ブランド・スタイリストを紹介しています。

イメージ

<地下1階:バーチャルデパ地下「洋菓子」コーナー >

この店舗も3月下旬から常設展開される予定で、約20ブランド・約80点の商品が展開されます。

実際の新宿本店に出店している洋菓子ブランドの人気アイテムが、仮想デパ地下に取りそろえて販売されていきます。

イメージ



商品の購入やその他の機能

仮想伊勢丹新宿本店で商品を購入するには、以下の3つの手順を踏みます。

1:商品に近づくと、値札が空中にポップアップ。

2:値札をタップすると拡大表示。WEBマークを押すと三越伊勢丹オンラインサイト等へ。

3:三越伊勢丹オンラインサイト等から実際の商品が購入可能に。

イメージ

また店内では、リアル店舗のスタイリストのアバターが来場客を迎えてくれ、3月下旬からは「リ・スタイル」にてアバター販売員による接客が開始予定となっています。

イメージ

今後のアップデートで様々な機能追加も

本アプリには、アバターを使用したコミュニケーションや買い物体験を活性化させる多彩な機能が搭載されており、今後のアップデートで様々な機能を開発し、搭載されていく予定になっています。

イメージ

本アプリは、App StoreやGoogle Playから無料でダウンロードできるほか、公式サイトからもダウンロードできます。

公式Twitter

公式Instagram

まとめ

百貨店大手の三越伊勢丹が、スマホ向けアプリ「REV WORLDS」 をリリースしました。

このアプリではVR空間上に新宿東エリアの一部と、伊勢丹新宿本店が再現されており、実際に商品を購入したり他ユーザーとコミュニケーションがとれたりと、VR百貨店の体験ができます。

今現在は期間限定での店舗が2店展開されていますが、今後のアップデートで常設店舗や機能の拡充が予定されています。

アプリは誰でも無料でダウンロードできるので、新しい形の百貨店巡りを楽しんでください。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む