VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > VR空間でのプレゼンを可能に!VR商談「キネトスケイプ」RICOH BIL Tokyoに採用

VR空間でのプレゼンを可能に!VR商談「キネトスケイプ」RICOH BIL Tokyoに採用

株式会社ハシラスが開発したVR商談ツール「キネトスケイプ」が、株式会社リコーおよび株式会社ダイナモピクチャーズが協業する、「RICOH BUSINESS INNOVATION LOUNGE Tokyo」(RICOH BIL Tokyo)に採用されたことを発表しました。



「キネトスケイプ」がRICOH BIL Tokyoに採用

「RICOH BUSINESS INNOVATION LOUNGE Tokyo(RICOH BIL Tokyo)」は、リコー社が提供する「はたらくの未来を共に考える知的創造空間」で、新しい技術とそれによる新しい働き方を体験することを通じ、DX(デジタルトランスフォーメーション)に向けた「共創」を推進することを目的としています。

そんな同コンテンツに、ハシラス社のVR商談ツール「キネトスケイプ」が採用されています。

○ RICOH BUSINESS INNOVATION LOUNGE Tokyo

キネトスケイプとは?

「キネトスケイプ」とは、ハシラス社がこれまで培ったロケーションベースエンターテインメント向けのマルチプレイVR技術を、B2Bツールに適用して開発されたVR商談ツールです。

​多人数が同時にVR空間に参加し、その中でプレゼンテーションや商談を行うことを目的としています。

「キネトスケイプ」のVR空間上では、下記のような操作が可能となっています。

・画像やスライドの表示

・2D動画の再生

・全天球画像/動画の再生

・Dモデルのインポート

・シーン切り替え

VRヘッドセットにはOculus Quest 2が採用されており、最小限の機材で動作が可能です。

また、操作はハンドトラッキングのみで行うことができるため、コントローラーも不要となっています。

RICOH BIL Tokyoの「キネトスケイプ」でできること

リコー社、ダイナモピクチャーズ社、ハシラス社は「キネトスケイプ」を3社協業で活用し、顧客の業種や業務上の課題を解決するためのVRソリューション提供を推進することを目指しています。

来訪した顧客がVRヘッドセットを装着すると、インテリアの配置から置いてある小物までが、実際のショールームと全く同じになるように、VR空間に3Dで再現されたRICOH BIL Tokyoが目の前に広がります。

フリーロームVRが採用されているので、アバターとなった顧客は、VR空間上のショールームの中を自分の足で自由に歩き回るように移動することもできます。

「キネトスケイプ」に再現された空間の中には、VRならではの仕組みも隠されています。

・棚に並んだ小スケールの模型が目の前で実物大に変身する

・部屋自体が変形して巨大スクリーンが登場する

・360度全天球映像の投影

・3Dシーンを使った全く別の空間へワープする

といった想像を超える体験が、VR空間にいるユーザー全員に提供されます。

ユーザー間でのコミュニケーションが活性化することにより、新しい着想や発想が生まれるという、これから訪れる未来についての実りある対話の実現が、「キネトスケイプ」の活用により期待されています。

「キネトスケイプ」今後の展開

ハシラス社が開発したVR商談ツール「キネトスケイプ」は、本来、クライアントの来客時や客先訪問時に対面で用いる目的で作られたツールでしたが、昨今の感染症対策による

・対面での打ち合わせの削減

・オフィスワークからリモートワークへの移行

といった社会状況の変化に対応するため、リモートでの利用にも対応できるように変更されています。

「キネトスケイプ」の利用例

・VR商談

・会社や工場見学

・VRモデルルーム

・バーチャルショールーム

キネトスケイプの詳細情報

まとめ

株式会社リコーの「はたらくの未来を共に考える知的創造空間」である、「RICOH BUSINESS INNOVATION LOUNGE Tokyo」(RICOH BIL Tokyo)。

そのRICOH BIL Tokyoに、株式会社ハシラスが開発したVR商談ツール「キネトスケイプ」が採用されることが発表されました。

今後、ハシラス社、リコー社、ダイナモピクチャーズ社の3社が協業し、「キネトスケイプ」を活用することにより、新しいVRソリューションの提供を目指しています。

いつでも未来は予測不能ではありますが、世界的に広がった感染症の対策は、まだまだ実現に時間がかかると思われていたリモートワークを推し進める原動力ともなりました。

人類は困難に直面するたびに、それを乗り越える知恵を発揮して今まで続いてきたのかもしれません。

リモートワークも、VRという新しい技術を革新させることも、ますます加速していきそうですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む