VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > インディーズゲームのVRイベント「GameVketZero」参加企業が公開!

インディーズゲームのVRイベント「GameVketZero」参加企業が公開!

イメージ

2021年4月29日(木)~2021年5月5日(水)の7日間にVR空間で開催される、インディーズゲームの展示会「GameVketZero」の協賛・出展企業が発表されました。

来場時のゲームの楽しみ方や、グッズが手に入るクラウドファンディングなどの情報も、一部公開されています。



「GameVketZero」今GWに開催

「GameVketZero(ゲームブイケットゼロ)」は、バーチャルマーケットを主催する株式会社HIKKYが手掛けるインディーズゲームの展示イベントで、VR空間の会場を舞台に2021年4月29日(木)~5月5日(水)の7日間の日程で開催されます。

初開催となる今回は「GameVketZero」と題しており、新しい時代におけるゲームイベントの新しいカタチへの挑戦を目指しています。

イメージ

世界中からアクセス可能!試遊もできる

本イベントには、VR機器だけではなくPCやスマホのブラウザからアクセスすることが可能で、世界中から来場者が集結します。

来場者は、多様なインディーズゲームが紹介される華やかな会場を巡りつつ、出展者と参加者でリアルタイムで交流することもでき、まさにクリエイターとユーザーが一体となるイベントになっています。

出展料・入場料はともに無料で、その場で気に入ったゲームを購入することがも可能です。

出展作品は試遊することもでき、一部ブースのゲーム説明欄から、特別な登録をしなくても、外部サービスに接続して楽しむことが可能です。

公式ツイッター

出展企業やサークルが決定

今回のイベントの参加団体・企業

・インディーズゲームディベロッパー、サークル96組

・30の企業・団体

が決定しており、その一部が公開されています。

イメージ

Microsoft

Microsoftでは、GameVketのエントランスに「Game Stack」の紹介を掲示します。

「Game Stack」は、ゲーム開発者が優れたゲームを作るために提供されているツール・サービスで、Microsoft Azure 、Azure PlayFab、Xbox、Visual Studio、Havokなど、ガレージインディーズからAAAタイトルまで、誰もがマイクロソフト製品で快適なゲームの構築ができるようになっています。

株式会社バンダイナムコエンターテインメント

バンダイナムコブースでは、名作「テイルズ オブ」シリーズの世界観が楽しめるようになっています。

VR版では、同シリーズでお馴染みの「魔神剣」を実際に体験できるコーナーも実装されており、お気に入りのアバターで魔神剣が体験できます。

イメージ

株式会社ホビージャパン

ホビージャパンのブースでは、同社がおすすめするボードゲームを紹介しているほか、VR版では簡単なボードゲームを実際に楽しめるコーナーも実装されています。

他来場者と一緒にVRでボードゲームを楽しめるほか、キャンペーンも実施予定となっています。

イメージ

株式会社東京マルイ

VKet5に引き続き出展される東京マルイブースでは、新作銃が3Dで楽しめるほか、人気スマホアプリ「ドールズフロントライン」のダイナーゲートのアバターが、無料で配布されます。

イメージ

CTW株式会社

このブースでは、Vket5にも出展された「ビビッドアーミー」をはじめ、「邪神ちゃんドロップキックねばねばウォーズ」など、G123で配信されているゲームや事前登録中の「精霊幻想記アナザーテイル」が紹介されています。

イメージ

GALAKURO GAMING

このブースでは、GALAKURO GAMINGの販売製品紹介に加え、クリエイター支援コラボとして、プロゲーミングストリーマー集団「父の背中」けんき氏が制作中のPCゲームや、べすとまん氏・じゅん氏のスマホ向けゲームの紹介が行われます。

イメージ

株式会社 日本HP

日本HPブースでは、ゲーム・CG・映像制作に携わるプロクリエイターに愛用され、13年連続国内シェアNo.1を獲得しているワークステーションで制作されたゲームやアニメーションの紹介が行われます。

またゲーミングPCの展示や、アンケートに答えるとHPの最新製品の3Dモデルの無料ダウンロードかできるなど、VRならではの体験型ブースとなっています。

イメージ

凸版印刷/エイベックス・ピクチャーズ

このブースでは、声優・徳井青空さんのオリジナル魂究極同期型バーチャルアバター「徳井V青空」がMCを務める新規配信番組のスタートに伴い、「TOKUI"V"SORA × #かなえるプロジェクト」のコラボブースが展開されます。

イメージ

<新規配信番組概要>

・番組名:【速報】徳井V青空が新番組やるっていうから見てみたら俺の夢がかなっていた件について

・第2回配信日:5月9日(日)18:00~(月1回ペースにて配信予定)

・第1回アーカイブ配信:YouTube トライリミテッドch. にて配信中

・生配信プラットフォーム:Z-aN

・提供:かなプロマーケット

・番組Twitter:@orekana_kanapro

asobu

今回の「GameVket」には、ゲームクリエイターコミュニテーをサポートするasobuが登場します。

クリエイターが作ったゲームの展示や、asobuとTokyo Indiesが主催する「インディーコレクションJAPAN」の紹介などが行われます。

イメージ

テレビ東京

テレビ東京ブースでは、毎週日曜夜10:48~に放送中の人気番組「eSports high TV」の世界観が楽しめるほか、ブース入り口に「AI VTuber タミ子」パネルが設置され、一緒に写真が撮れるようになっています。

イメージ

bauhutte

ゲーミング家具ブランド「Bauhutte」が初出展します。

ブースでは、最大20%オフの来場者限定物販や豪華景品が当たるキャンペーンが展開され、直接スタッフに快適なゲーム環境の構築方法を相談できます。

イメージ

以上の他にも多くの魅力的な企業が協賛・出展しており、下記の企業が参加しています。

株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント、Google Play、株式会社スクウェア・エニックス、Bushiroad International Pte. Ltd、アークシステムワークス株式会社、株式会社グッドスマイルカンパニー、株式会社タカラトミー、Studio MGCM、ファンタシースターオンライン2、Logicool G、ユーシーカード株式会社、株式会社日本一ソフトウェア、株式会社ゲームエイト、KLab株式会社、株式会社COMP、株式会社オルトプラス、VR Con、株式会社テレビ朝日




期間中には別の開催イベントも

「GameVketZERO」開催期間中には、VR空間内のカンファレンス会場やYouTube配信などで、様々なイベントが開催されます。

今回の発表と併せて、「GameVketZERO」開催前イベントの詳細が公開されています。

その他のGameVketZERO開催期間中のイベントは、随時公式ツイッターなどで案内されていきます。

イメージ

ゲームバーチャルカンファレンスZERO

このイベントは、4月26日(月)13:00からYouTubeとVRChat内特設会場にて行われる予定です。

「GameVketZero」と連動して、ゲーム業界の有識者がVR空間に集結し、「withコロナにおけるゲーム業界のオフライン/リアルイベント」について各社のスタンスや考え、現在の取り組みなどを共有/議論するセッションが行われます。

<モデレーター>

株式会社MOTTO 代表取締役 佐藤 基氏

<司会進行>

トヨログ 豊野 桂太氏

<パネラー>

株式会社Yostar 代表取締役社長 李 衡達氏

株式会社ブシロード 広報宣伝部 副部長 森下 明氏

株式会社セガ コミュニケーション・デザイン部 西村 ケンサク氏

事前登録サイト

放送チャンネル(Vket Channel)

クラウドファンディングも実施

GameVketZeroは、その名の通り「全ての参加者の力を借りてZeroから一緒に作り上げるイベント」を目指しており、そのためのクラウドファンディングがCAMPFIRE(キャンプファイヤー)にて実施されています。

今回のクラウドファンディングは、イベントに参加して共に作り上げた思い出をバーチャル空間上に「証」として残すと共に、リアルとバーチャルの両方で使用することができるグッズを制作することによって、リアルとバーチャルの垣根を超えた楽しさを思い出し続けることができるようにとの願いを込めたプランが設定されています。

イメージ

プラン価格は3千円から50万円まで、計10パターンが用意されており、リターンにはイベント会場内に名前を刻み、ポスターが出せる手軽なものから、

「GameVket」ロゴ入りTシャツやキャップ

ゲームをする友達がついてくる

といったプランまで幅広い内容となっています。

またストレッチゴール第2弾では、支援金額200万円超えでGameVketちゃんの3Dモデルを作成し、無料配布がされていきます。

イメージ

クラウドファンディング詳細(CAMPFIRE)

まとめ

今年4月29日~5月6日に行われる、「GameVketZero」の出展企業・団体が公開されました。

このイベントは、VR空間の会場で行われるインディーズゲームの展示イベントで、様々なブースが登場します。

世界中から来場者が集まってくるこのイベントは、果たしてどんな展開になっていくのでしょうか。

このGWは、ぜひVR空間での展示イベントを楽しんでください。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む