VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > VR空間共有プラットフォーム「comony」モバイルβ版がリリース!

VR空間共有プラットフォーム「comony」モバイルβ版がリリース!

ラストマイルワークス株式会社は2021年5月6日(木)、同社が提供しているVR空間共有プラットフォーム「comony」のモバイルアプリβ版をリリースしたことを発表しました。



「comony」とは?

ラストマイルワークス社が提供する「comony」は、建築や不動産・都市開発といった、住宅関連業界向けのVR空間共有プラットフォームです。

今回、モバイルアプリ版がリリースされたことにより、PC版と同じ空間をスマートフォン向けにも配信することができるようになりました。

なお、一部機能はPC版のみでの提供となっています。

人と人とを結ぶVR空間共有プラットフォーム

人と人とを結ぶVR空間共有プラットフォームとしての「comony」は、次のような特徴を備えています。

建築空間をクラウド上に公開

専用のSDKを利用することで、設計中の空間デザインや、都市計画をクラウド上に公開・共有することが可能です。

体験できるVRプレゼンテーション

「comony」でモデルハウスを構築・公開することで、VRモデルハウス上で接客・案内をすることが可能な空間プレゼンテーションツールとして活用することができます。

空間をカスタマイズして、ビジネスに活用

ビジネスアカウントを利用することで、バーチャル住宅展示場の運営や建築ギャラリー展示、都市開発のシミュレーションなどが可能となります。

法人向けにはワンストップで業務を支援

VR空間共有プラットフォーム「comony」を利用することで、様々なビジネスソリューションを活用することができます。

ビジネスアカウントでは、VR開発のノウハウだけでなく、ラストマイルワークス社独自のCG及びシステム開発の制作体制を活かして、ビジネスにおけるVRを活用した営業、マーケティング業務から、新規事業開発まで一気通貫したサポートを受けることができます。



不動産から文化遺産まで幅広い活用が可能

「comony」でVR住宅展示場を公開し、広告宣伝費、営業経費を削減

モデルハウスを「comony」内で再現することにより、VR住宅展示場を構築します。

これまでの販促ツールでは表現することができなかった空間情報を、実際の展示場のように体験してもらうことができるため、広告費の削減や時間と経費を抑えて、モデルハウスにバリエーションをもたせることなど、リアルでは難しい表現も可能になります。

また、リモートでの効率的な営業手法を構築することもできます。

完成イメージを建築VRを用いて施主と共有

設計の段階で「comony」を活用することで、施主や設計士と簡単に空間イメージを共有することができます。

共有された空間はモバイルアプリやPCで簡単に体験できるため、BIMやCADといった専門的なソフトのスキルがなくても簡単に利用することができます。

文化遺産や歴史的建造物をデジタルアーカイブ化

老朽化などで取り壊されてしまう歴史的価値のある建造物や文化遺産を、図面や写真を元にフォトリアルな空間としてVR上に再現し、「comony」でその空間をデジタルアーカイブすることが可能です。

クリエイターが作品を公開する場として

「comony」は、個人でも利用が可能なので、クリエイターのポートフォリオやプレゼンテーションの場として、またVR空間でコミュニケーションする場所としても利用することができます。

制作した建築3Dモデルをクラウド上にアップロードし、公開することで、いつでもどこからでも、作品をVRで共有することができます。

なお、モデルアップロードにはゲームエンジンUnityとUnity用プラグインのcomonySDKが必要で、アップロードはPCでのみ行うことができます。

アプリ概要

アプリ名:comony

利用料:無料(ビジネスアカウントは有料)

詳細:公式サイト

推奨環境:

【Android】

・Android 10.0以降

・メモリ: 3GB以上

【iOS】

・iOS 13.0以降

・メモリ: 3GB以上

【Windows】

・Windows 10 64bit

・グラフィックス:NVIDIA GeForce GTX1080以上

・メモリ:8GB以上

【Mac】

・macOS 10.13 High Sierra、またはそれ以降

・グラフィックス:Radeon R9 M395 2GB以上

・メモリ:8GB以上

ダウンロード:iOS / Android

まとめ

様々な形でVR空間を共有できる「comony」が、モバイルでも利用可能になりました。

『人と人とを結ぶ、VR空間共通プラットフォーム』として様々な用途で活用されている「comony」ですが、モバイル版がリリースされたことで、さらに多くの人が簡単にVR空間で体験を共有することができるようになりました。

今回はβ版のリリースということで、完全版のリリースが待ち遠しいですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む