VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > ARでコスメやカラコンを試着!「ビューティーARパッケージ」提供開始

ARでコスメやカラコンを試着!「ビューティーARパッケージ」提供開始

株式会社inxRが、コスメ・ヘアメイク・カラーコンタクト等の事業者に向け、ARを活用した試着サービス「ビューティーARパッケージ」の提供を、2021年5月17日(月)より開始することを発表しました。



「ビューティーARパッケージ」とは?

「ビューティーARパッケージ」とは、inxR社が提供するARを活用した試着・試用サービスで、

・コスメ

・ヘアメイク

・カラーコンタクト

などの商品を、スマホやタブレットを使用して試着することができます。

ARを活用することにより

・非接触かつ対面接客不要でユーザーに自社商品の試着体験を提供可能

・InstagramやFacebookなどのSNSと連携し顧客参加型の次世代広告として機能

といったメリットを持つサービスとなっています。

ビューティーAR公式サイト

「ビューティーAR」のメリット

非接触でユーザーへ試着や試用体験を提供可能

現在では新商品のPRにおいて主流であった、

・対面接客

・商品の試用PR

といった手法は、感染症対策や試用品の衛生面への配慮から実施が困難な状況となっています。

しかし、「ビューティーAR」ではARを活用することで、

・来店不要

・非接触

で試着や試用体験をすることが可能となります。

認知から試着、購入までの離脱率を削減

従来型の販売手法には、認知、試着から購入までの行動フローの中で、「顧客行動のデータが取得しづらくユーザーの離脱が多く発生する」「未試着後の購入で起こるミスマッチなどの数値が取りづらい」といった課題がありました。

「ビューティーAR」を活用した購入前のAR試着は、認知から試着までの誘導をスムーズにし、購入までの離脱率削減に寄与します。

購入前後のミスマッチを緩和

店頭での試着などが難しい状況下では、ユーザーが抱く購入前のイメージと実際の使用感にミスマッチが起こりやすくなるという問題点があります。

しかしARを活用して試着体験をすることで、ユーザーは納得感を持った状態で購入行動を取ることが可能となり、ミスマッチを緩和することが期待できます。

場所や時間といった制約がない

「ビューティーAR」は、ユーザーが使用しているスマホやタブレットを活用して試着や試用ができるため、

・リアルな店舗やテナントが不要

・接客を担当する人員が不要

となり、事業者においては固定費の削減が見込めます。

またユーザーは、好きな時間、好きな場所で、好きなだけ商品を試着・使用することができます。

ユーザー属性を取得、分析可能

「ビューティーARパッケージ」は、コンテンツにより「インプレッション数や開示率」「Instagram上での撮影数、保存数、シェア数などの測定」「ユーザーの性別や年齢などの分析」が可能なため、ユーザーの傾向の分析や改善に役立ちます。



ビューティーARの使い方

ユーザーにおけるビューティーARの使い方は、3ステップと簡単に操作できるようになっています。

ステップ1:スマホやタブレットでQRコードや製品パッケージ、マーカーを読み込むかURLをクリック

ステップ2:ARが起動し、顔の骨格やパーツの配置を自動で認識、画面上でヘアカラーやメイクを実施

ステップ3:試着し、気に入った商品はそのまま購入することが可能

またユーザーは、ARを試着したまま自身のSNSで試用イメージをシェアすることもできます。

まとめ

2021年5月17日から提供開始される「ビューティーARパッケージ」は、inxR社がコスメ、ヘアメイク、カラーコンタクト等の事業者に向けて開発されたAR試着サービスです。

ユーザーは自身のスマホやタブレットから試着や試用体験をすることができ、その様子をSNSでシェアすることも可能となっています。

昨今の社会事情から、ネットショッピングで商品を手配することは日常的になってきていますが、特に新商品を購入する際には、到着した商品が思っていたイメージと違うと感じることも少なくありませんでした。

ARを活用し、自宅に居ながら試着ができれば、残念なお買い物を減らすことができそうですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む