VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > VRで実寸大・立体視で体感できる「汐留サイバードーム」がリニューアル!

VRで実寸大・立体視で体感できる「汐留サイバードーム」がリニューアル!

パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社は、都市や建築の計画検討用VRの等身大立体投影装置として活用してきた「汐留サイバードーム」を、2021年5月21日(金)にリニューアルオープンすることを発表しました。



「汐留サイバードーム」とは?

「汐留サイバードーム」は、2003年にオープンして以来、多くの街づくりに活用されたVR投影装置です。

・幅8.5m

・高さ7.5m

の半球状の大型スクリーン内に利用者が入り、プロジェクターによる映像投影によって、VR仮想空間の中に入り込んだ没入感のある顧客体験を実現します。

約20人まで同時に閲覧することができ、多人数の顧客が同じ仮想空間の中で同じ映像を見ながら協議できることで、合意形成を支援することができます。

パナソニック社VR事業について

パナソニック社のVR事業では、1990年システムキッチンの設計段階で使い勝手を確認するために公開されたVRシステムから始まり、その後30年間にわたり将来のさまざまな空間設計に応用できるVR技術を開発してきました。

この技術を活かし、建築計画や都市インフラ整備、市街地再開発事業などのまちづくりのシーンで、行政や設計者、コンサルタント、地域住民など関係者の合意形成を促す手法としてVRを用いたプロジェクト推進支援が行われています。

大型球面スクリーンで没入感を実現

今回の18年ぶりのリニューアルでは、投影システムが入れ替わっており、VRコンテンツだけでなく、4K・8Kの高解像度な2D・3Dの360度映像、パノラマ静止画像を投影することができるようになっています。

リニューアルポイント

・ランプ光源のプロジェクター18台 ⇒ レーザー光源のプロジェクター9台

・投影面の均一性が高いスクリーンに変更

このシステムの入れ替えで、以前に比べ1.5倍の解像度、輝度を実現し、経年による明るさの欠損を抑えることが可能になっています。

▲リニューアルされたプロジェクター

新「汐留サイバードーム」の特長

サイバードーム

1. プロジェクターとスクリーンの入れ替えにより大型投影装置にさらなる没入感が実現

2. 計画から運営までコンサルティングビジネスのツールとして活用可能

VRによる都市の再現

VRによるオフィス内部




今後の展開について

「汐留サイバードーム」では、VRを活用して2000年以降1,700件以上のまちづくり・建築計画が支援されてきました。

今後は観光・エンターテイメント分野での活用も視野に入れながら、オフィスやスポーツ、商業施設の空間設計コンサルティグや、運営状況の可視化、運用時の課題解決、改修計画検討など運営コンサルティングへの活用で幅広いビジネス展開が予定されています。

パナソニック社では、「汐留サイバードーム」について、今後も課題解決に対するソリューションとなるよう機能拡充を図っていくとしています。

イベント演出の可視化

まとめ

「汐留サイバードーム」の今回のリニューアルで、プロジェクターとスクリーンの入れ替えが実施されたことにより、より高い没入感を実現することが可能となりました。

また、これまでは再開発事業など都市整備に関わるプロジェクトでVRによる支援が行われてきましたが、今後は観光やエンターテイメント分野での活用も視野に幅広いビジネス展開されるということで、今後の展開に期待が寄せられますね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む