VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > VR上でアバター同士の会話ができる「XD SPACE for Event」で同人誌即売会を開催!

VR上でアバター同士の会話ができる「XD SPACE for Event」で同人誌即売会を開催!

イメージ

国内最大規模のバーチャルデザイナーを有するスペースラボ株式会社が提供する、バーチャル展示会プラットフォーム「XD SPACE for Event」で、大規模同人誌即売会「Vマ+ベータ版」が2021年7月16日(金)~18日(日)に開催されます。



VR同人誌即売会「Vマ+ベータ版」7月に開催

2021年7月16日~18日の開催が発表されている「Vマ(ぶいま)+ベータ版」は、有志などによる運営委員会が主催する大規模同人誌即売会で、コロナ禍でイベント中止が続く中、

「せめてネット上で開催できたらいいのにね」

のひとことから始まり、同人を愛する有志によって企画されています。

PCのブラウザ上でゲームのように楽しむことができるシステム「バーチャルスペースマーケット powered by XD SPACE」を利用しており、今回のベータ版による試験開催が終了した後は、ユーザビリティの向上のためのサービスのアップデートを経て、9月に本開催が予定されています。

イベント公式サイト

「XD SPACE for Event」で開催

本イベントが行われる「XD SPACE for Event」はスペースラボ社が提供するVR展示会プラットフォームで、アプリのダウンロードを必要とせず、WebブラウザからVR空間上に展示会を開設することができます。

これまでのオンラインイベントにありがちな

「周りの反応がわからない」

「孤独感を感じる」

「反応にタイムラグがある」

といったコミュニケーションの課題を、

「見る」

「話す」

「聞く」

というふうに、双方向性を持たせることで解決を実現しています。

イメージ

来場者はアバターとなって入場し、まるで本当に対面しているかのような感覚で他の来場者や出展者と接することができます。

会場内は自由に歩き回って楽しめるほか、さまざまな方向から展示物を見たり体験することもできます。

また他の来場者の存在や動きもリアルタイムで見えるため、会場全体の賑わいを現実の会場さながらに感じることも可能で、視覚と聴覚からリアルに近い体験として楽しむことができます。

イメージ



「Vマ+ベータ版」の見どころ

本イベントは参加サークル約500組・のべ1万人の来場者に対応しており、会場全体の賑わいや、各ブースの出展者と参加者同志の自由なコミュニケーションが再現されています。

また会場内は自由に散策できるほか、その場で仲良くなった参加者同士によるグルーピング(少人数単位での)会話も可能で、来場者自身のアバターが持つ紙袋は、12色から好きな色を選択することもでき、推しのキャラクターカラーを表現することができます。

イメージ

会場内に設置されている​各サークルブースでは、来場者対出展者による1on1の商品説明が行われるほかにも商品が展示されており、気に入った作品は購入することも可能です。

イメージ

「XD SPACE for Event」の特徴

本イベントに利用される「XD SPACE for Event」には、

・プッシュ型の営業ができる

・自由に歩き回るかのように空間を楽しめる

・​目の前にあるかのように立体感を感じる

という特長があり、現実世界で対談するような接客が可能です。

イメージ

また「オンタイムコミュニケーション」「オンライン商談」「リアルタイム配信」「資料ダウンロード」「EC決済・CMS機能」といった機能を搭載しており、ビジネスシーンにも有効に活用することができます。

まとめ

VR同人誌即売会「Vマ+ベータ版」が、今年7月16日~18日に開催されます。

このイベントは、スペースラボ社が提供するバーチャル展示会プラットフォーム「XD SPACE for Event」を利用して行われるもので、会場内では自由な散策や会話ができるほか、各ブースでは1on1の商品説明を受けたり、商品展示を見たり購入することもできます。

VR即売会といえば、バーチャルマーケットやVketがありますが、本イベントもどんな展開になるか期待が寄せられますね。

ぜひ来場してみてください。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む