VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > VRを使って自宅からコンサートに参加!有観客の実験に成功へ

VRを使って自宅からコンサートに参加!有観客の実験に成功へ

イメージ

株式会社VR Musicと株式会社MATRIXは、観客が自宅に居ながら参加することができるサービス「VRホームコンサート」の実証実験を2021年6月16日(水)に行い、有観客での開催に成功したことを発表しました。

その様子を収めた動画が、Youtubeにて公開されています。



ファンとアーティストが創りあげる「VRホームコンサート」

今回実証実験が行われた「VRホームコンサート」は、VR Music社が開発を進めている、ファンとアーティストが創りあげる新しい音楽の形のサービスで、MATRIX社との共同でサービスの実験が行われています。

このサービスはVR(仮想現実)のシステムを使用したライブサービスで、お互いが遠隔地にいながらも

・アーティスト

・ファン

が同じ部屋に一緒にいるかのような感覚で、プライベートライブを開催することができます。

双方向のコミュニケーションが可能

このサービスの、従来のオンラインコンサートと違う点は音楽を聴くだけではなく、参加者が一つの場所に集まって観客同志やアーティストと

・会話したり

・応援したり

・一緒に歌ったり

といったことが可能になります。

「VRホームコンサート」第1回実験が今回行われ、その様子がYoutubeにて公開されています。





元ミュージシャンが携わる「VR Music」

今回実験が行われた「VRホームコンサート」の開発を進めている株式会社VR Musicは、同サービスの創業を目的に、元ミュージシャンの増田力也さんを代表取締役として2021年5月に設立されました。

経営には株式会社MATRIXとネイロ株式会社が参画しており、このサービスはMATRIX社が推進する言語フリーの生活VRプロジェクト"OASIS"の一環として提供されていきます。

「OASIS」とは

「OASIS」は、株式会社ロゼッタの子会社として2020年9月に設立されたMATRIX社の掲げる新しいプロジェクトで、

・国境

・言語

・容姿

・身体

・知識

問わず、あらゆるハンディキャップが存在しない、またすべての格差・差別が消滅する新しい世界を目指すプロジェクトです。

プロジェクトのVR空間内は言語フリーになっており、例えば言語関係なく海外アーティストと交流する、などを可能にしています。

まとめ

VR Music社とMATRIX社が今回、「VRホームコンサート」の実験を行い、その様子を収めた動画をYoutubeに公開しています。

このサービスは、言語フリーVRプロジェクト「OASIS」の一環として開発されているもので、観客はVRを通じて1つの空間に集まり、アーティストのプライベートライブに参加できます。

この状況下で活動の場が奪われているアーティストの活躍の場として、注目を浴びそうですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む