VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 広いショッピングセンターでも迷わない!玉川髙島屋S・Cに館内ARナビ導入

広いショッピングセンターでも迷わない!玉川髙島屋S・Cに館内ARナビ導入

モバイル通信のクロスボーダー・ソリューションを世界規模で提供する株式会社テレコムスクエアは、同社が開発し・提供するARナビゲーションアプリPinnAR(ピナー)を2021年6月22日より、玉川髙島屋ショッピングセンター館内・外のルート案内に導入することを発表しました。



SC初!目的のお店まで迷わず行ける

ARナビゲーションアプリPinnARのショッピングセンターへの導入は、今回が全国で初めての試みとなります。

今回導入されたPinnARは屋内でも現在地を測定してナビゲーションできる機能で、利用者が今見えている場所で、スマートフォンに目的地までのルートが表示されるため、進むべき方向が一目で分かり目的地へたどり着くことが可能です。

6月からの導入では、本館・南館の館内(百貨店内含む)での利用が可能となっており、西館・東館・マロニエコートなどの館内や周辺エリアへも、順次案内が拡大される予定となっています。

感染予防対策+利便性向上

玉川髙島屋S・Cでは、これまでにも館内の店舗や別館へのアクセスについてインフォメーションへの問い合わせが多く寄せられていたということで、感染予防対策として館内での対話を極力避けられるように、また顧客利便性の向上を目的として今回の導入が決定されたという経緯があります。

新たなお買い物ルートの提案も

今後は、本館・南館の館内案内だけでなく、隣接する複数の別館をシームレスに案内する事で、いつもと違った「お買い物ルート」の提案など、回遊性を向上させ、周辺施設への送客効果による経済の活性化、賑わいの創出への貢献が期待されています。

さらに、館内ナビゲーションだけでなく、各ショップで利用可能なクーポンの発行や、館内のイベント情報などもPinnARを通じて発信が予定されています。

案内可能エリアについて

2021年6月時点の案内エリアは、以下となっています。

2021年6月時点

本館・南館の館内

玉川髙島屋S・Cの本館・南館の専門店各ショップ(フロアガイドに準じる)館内

髙島屋(本館)

各フロア ブランド(フロアガイドに準じる)館内

サービス・アメニティ施設

トイレ、タカシマヤカードポイント交換機、ベビー休憩室、喫煙所、免税カウンター、休憩スペースなどのサービス・アメニティ施設

利用方法

本ナビゲーションシステムは、スマートフォンにアプリ「PinnAR(ピナー)」をインストールし、会員登録すると誰でも無料で利用できます。



「PinnAR(ピナー)」とは?

PinnARは、これまで累計130万ダウンロードされた地図が読めなくても迷わない便利な地図アプリで、2種類の画面モードを切り替えて利用できます。

「ARナビ画面」
カメラで映した実際の風景上に、道路に沿う形でルートを表示

「マップナビ画面」
従来の地図アプリでよく使われるマップ上にルートを表示

便利な機能

ARナビ画面ではARによるルート表示の他に、目的地の方向も矢印で表示してくれるため、どの方向へ向かえばよいかがすぐに分かります。

また、周辺の様々な施設をカテゴリ別に検索できる「周辺スポット」機能や、27言語に対応し、世界の149カ国で利用できる便利な「翻訳」機能、お得なデジタルクーポンを表示する「クーポン」機能なども搭載されています。

利用することで、わかりやすく目的地に行くことができ、お得なショッピングも楽しむことができます。

新機能「屋内ナビゲーション機能」

新機能の「屋内ナビゲーション機能」では、屋内でも現在地を特定し、複数階ある建物のどこにいても目的地までのルート表示が可能なナビ機能です。

現在は新宿駅と二子玉川にある玉川髙島屋S・Cに導入されており、今後大型ショッピングセンターや地下街への導入が検討されています。

PinnARは世界のGoogle マップが対応している国のマップにも対応しているため、海外旅行時でも活用できる便利なアプリです。

「PinnAR」屋内ナビゲーション概要

アプリ名:PinnAR

サービス名:屋内ナビゲーション機能 玉川髙島屋S・C

価格:無料

屋内ARナビゲーション対応端末/OS:Android ARCore対応端末(OS 7.0以上)、iOS11.4以上

屋内ARナビゲーション以外の機能:Android4.4以上、iOS11.0以上

アプリダウンロード

まとめ

広いショッピングモールで迷ってしまったり、案内板を探して確認したり、インフォメーションで問い合わせるなどは、多くの方が経験されているのではないでしょうか。

迷わず行きたい場所に行ける利便性と、コロナ禍での対面での案内を減らすために玉川髙島屋S・Cに導入された「PinnAR」屋内ナビゲーション。

今後、大規模施設に多く導入されると良いですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む