VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > VR商談ツール「キネトスケイプ」が新築分譲マンションのVRモデルルームに採用!

VR商談ツール「キネトスケイプ」が新築分譲マンションのVRモデルルームに採用!

株式会社ハシラスは2021年6月23日(水)、同社のVR商談ツール「キネトスケイプ」が東急不動産株式会社・相鉄不動産株式会社・日鉄興和不動産株式会社が共同開発している、新築・分譲マンション「ブランズシティ湘南台」のVRモデルルームとして採用されたことを発表しました。

VRモデルルームの運用開始は、「ブランズシティ湘南台」マンションギャラリーの一般公開日である2021年6月26日からとなります。



「キネトスケイプ」で実現できること

多人数同時参加でこれまでにないVR内見体験

キネトスケイプの最大の強みは3D CGで構築されたVR空間に多人数が同時に参加できることです。

「ブランズシティ湘南台」のVRモデルルームでは、家族連れなど複数名が一緒に体験できるため、かつてないVR内見体験が提供されます。

「キネトスケイプ」採用の背景

現在、不動産分野でも様々なVR内見ソリューションが活用されているものの、その多くは360度撮影を活用したカメラで撮影した画像を用いるため、決まった位置・視点から眺めるだけの体験となり、VR内見を体験出来るのは一人のみの場合が多いというのが現状です。

「ブランズシティ湘南台」のVRモデルルームの特徴

今回、「キネトスケイプ」を採用したことで、ブランズシティ湘南台のVRモデルルームには

・VRモデルルームの中をユーザーが自分の足で歩き回ることができる

・複数人が同時にVRモデルルームに入室し、VR内でコミュニケーションをとることができる

という特徴が付与されています。

「キネトスケイプ」では360度カメラではなく、3DCGでVR空間が構築されています。

そのため、ユーザーは現実のショールームと同様、VR空間に再現された部屋の中をアバターとなった自分自身の足で歩き回って内見することが可能です。

また、3DCGならではの機能として、内見中に部屋の色などを変える機能も実装されています。

複数人で同じVRモデルルームに同時に入室できることで、「担当者がVR内で顧客を案内する」「家族で一緒に部屋を見て回る」等が可能となり、眺めるだけから踏み込んだ顧客体験価値の高いVRショールームとなっています。

「キネトスケイプ」の特徴

ハシラス社にはロケーションベースVRで培った技術やノウハウがあり、それらを投入して開発されたVR商談ツールが「キネトスケイプ」です。

キネトスケイプの特徴は、「スタンドアローン型VRヘッドセットを採用」「ハイスペックなPC不要で実行可能」「コントローラー不要で全操作が可能」の3つであり、これらの特徴により導入や運用が簡便となっています。

また、最大の強みである複数人が同時にVR空間に入れることにより、”全員で同じ静止画や動画、スライド、3Dモデル等を閲覧しながらのコミュニケーション”を可能とし、「高い臨場感や実感、共感の伴った顧客体験の提供」を実現しています。

「キネトスケイプ」の今後の展開

キネトスケイプは、これまで、企業ショールーム等で活用されてきました。

今回、ブランズシティ湘南台への採用は不動産分野で初の導入例となります。

ハシラス社では今後、キネトスケイプをビジネス向けVRソリューションとして多数の業種に展開することを目指しています。

キネトスケイプの製品情報



まとめ

東急不動産、相鉄不動産、日鉄興和不動産の3社が共同で開発を進めている新築・分譲マンション「ブランズシティ湘南台」。

ハシラス社が今回、そのVRモデルルームとして同社が展開する「キネトスケイプ」が採用されたことを発表しました。

VRモデルルームの運用開始は、「ブランズシティ湘南台」マンションギャラリーが一般公開される2021年6月26日からとなります。

マンションのモデルルームには最多価格帯の部屋が再現されることが多いですが、VRを活用すると、様々なタイプの部屋を省スペースで再現することが可能になります。

よりリアルに近い体感が出来ることは、高額な上に失敗ができないマンションの購入に当たり、安心感を高めてくれる材料となりそうですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む