VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 伊藤忠が新サービスVR VENUEを活用した「プレス向けVR空間」をリリース!

伊藤忠が新サービスVR VENUEを活用した「プレス向けVR空間」をリリース!

伊藤忠インタラクティブ株式会社は、フェンリル株式会社とともにリリースした低コストで簡単にVR空間を構築できるウェブサービス「VR VENUE」を活用し、コンバースジャパン株式会社プレス各社向け展示会VR空間を開発、リリースしたことを発表しました。



「プレス向けVRイベント空間」とは?

コンバースジャパン社向けの「プレス向けVRイベント空間」は、藤忠インタラクティブ社とフェンリル社が2021年2月にリリースした「VR VENUE」サービスを活用して開発されています。

開発の経緯

コンバースジャパン社は、コロナ禍で全国的にリアルイベントの開催が難しくなっている状況が続く中、VRを含む、非対面で商品紹介を行う方法を検討しており、その中で「VR VENUE」の特徴である次の点が評価され、今回の開発につながっています。

・安価で自由な空間構築が可能

・来場者とのコミュニケーションがとれる

・柔軟な機能開発体制

ヒヤリングに基づく企画・開発

開発にあたっては、事前のヒヤリングから

・バイヤー向けの展示会などの多くの関係者に向けたイベント

・各プレス記者向けに商品を案内するイベント

を開催することから、以下の内容で企画・開発が行われています。

1:スタッフ&来場者へコンバースの靴を身に着けたコンセプトアバターを用意

2:「CONVERSE PRESS ROOM」を再現&空間を拡大

3:デジタルならではのインタラクティブな機能を開発

▲コンバースジャパン社プレス向け空間

開発内容

スタッフ&来場者へコンセプトアバターを用意

スタッフの写真からアバターが作成され、併せて感度の高いプレス関係の来場者向けに、コンバースでのコーディネートやファッションの楽しさがイメージできるようなディテールを持ち、コンバースのオールスターを履いた来場者用のアバターもデザインされています。

VR空間にアクセスした来場者は、気に入ったアバターを選んでゲーム感覚で会場に入場することができ、そこでは見覚えのあるスタッフがアバターになって出迎えるという、やわらかいコミュニケーションが生まれる仕掛けが施されています。

「CONVERSE PRESS ROOM」を再現&VR空間を拡大

空間のデザインは原宿キャットストーリートにある直営店「White atelier BY CONVERSE」の2階部分を利用したコンバース プレスルームがVR空間としてデザインされています。

来場者はまずプレスルームを正面に見る通りに現れ、桜をイメージした木々が続く道を歩いてたどり着く体験ができるようになっています。

コンバース社からCADデータが提供された為、1か月も掛からずに製作が完了し、さらに実際の空間を2倍に広げた空間を構築するなど、現実の空間では出来ないVRならではの施策が組み込まれています。

デジタルならではのインタラクティブな機能を開発

来場者が、店内の商品をクリックすると商品の説明が右部に表示される仕組みになっています。

リアルで訪れた時のように、来場者は見たい商品を、主体的に確認することが可能で、またスタッフは、来場者がクリックしている情報をバックグラウンドで確認することができ、リアルな来場時と同様に複数の来場者の行動を確認しながら接客を行うことが出来ます。

さらにVR空間なので、一度制作した同じ空間をいくつでもコピーすることができ、そのメリットを活かして、来場したプレス各社毎に専用のVR空間が提供されています。

各社からの来場者は、期間中はどこからでも何度でも、24時間好きな時にプレスルームに再来場ができます。

現実の世界では不可能だった、VR空間ならではの新しい活用法が提案されています。

コンバース担当者からのコメント

操作についての懸念もありましたが、お客様とのコミュニケーションもきちんととることが出来、楽しんで商品をご覧いただくことが出来ました。今後も有効的に活用してまいりたいと思います。

引用元:プレスリリース




「VR VENUE」について

「VR VENUE」は、WEBブラウザで従来のホームページと同じ感覚でアクセスできるVR空間を、簡単に低価格で、企画・開発・運用までワンストップに提供しているサービスです。

伊藤忠インタラクティブ社は、「VR VENUE」を活用し、今後も様々なニーズに合わせた空間やサービスの開発に努めていくとしています。

まとめ

VR空間の良さを存分に活用した『プレス向けVRイベント空間』が、「VR VENUE」サービスを活用して開発されました。

スタッフに似せたアバターを用意するなど、また温かみのあるコミュニケーションがとれるなどインタラクティブな機能も用意されており、コロナ禍でなくても利用したくなるVRイベント空間が実現されています。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む