VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > VRニュースイッキ見!【前編】「MANUS社製VRグローブ「Manus Prime X」日本上陸!」など注目記事を振り返り!!

VRニュースイッキ見!【前編】「MANUS社製VRグローブ「Manus Prime X」日本上陸!」など注目記事を振り返り!!

VRニュースイッキ見_7月10日_前編

週末恒例!

今週(7/2〜7/8)で注目を集めた10記事を土日の2日間に渡ってお届け!

「こんなこともあったんだ!!」

っていう情報があるかも?

それでは早速前半5記事見ていきましょう!



①米国発のバーチャルワールドプラットフォーム「Virbela」日本でも提供開始へ!

VRニュースイッキ見_米国発のバーチャルワールドプラットフォーム「Virbela」日本でも提供開始へ!

7月1日、VR/ARを軸に働き方と生き方の総合ソリューションを展開するガイアリンク社は、北米を中心に利用が拡大しているバーチャルワールドプラットフォーム「Virbela」を日本国内における公式リセラーとして販売することを発表しました。

パソコンとWi-Fi環境さえあれば「誰でも・簡単に」仕事やコミュニケーションに活用することができる「Virbela」は、

・国内外からの参加が可能な数千人規模の展示会

・各地で自宅勤務するスタッフが一同にアバターで出社できるオフィス

・ソーシャルディスタンスを気にしないで楽しめる音楽ライブ

など様々なニーズに現実に限りなく近い空気感で対応することができます。

ガイアリンク社は「Virbela」をベースにしたVRワールドを近日中に発表予定し、販売および月額サブスクリプション価格のレンタルでの普及を目指すとのことです。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-197030/

②ソーシャルVR Rec Roomが今秋Androidデバイスに対応へ!成長の背景にVR内経済?

VRニュースイッキ見_ソーシャルVR Rec Roomが今秋Androidデバイスに対応へ!成長の背景にVR内経済?

VRChatと並ぶソーシャルVRとして知られるRec Roomが、2021年秋ごろにAndroidデバイスに対応する予定であることが明らかになりました。

iOS

PS4、PS5

Steam

OculusQuest

に対応しているRec Roomは急速にユーザー数を増やしており、今回Androidに対応することでさらに爆発的にユーザーが増加すると予想されています。

Rec Roomの急成長の背景には自作コンテンツを販売することで得たゲーム内通貨を現実の金銭に換金できるCreator Compensation Programの整備にあると見られているようです。

現在、Rec RoomはGoogle Playでは事前登録ができる状態となっており、登録者数に応じて限定アイテムがプレゼントされることになっています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-197008/

③VR市場「ココカーゾ」正式リリース!第一弾は「中華商材展示会2021」を開催

VRニュースイッキ見_VR市場「ココカーゾ」正式リリース!第一弾は「中華商材展示会2021」を開催

7月1日、Webブラウザ上から参加可能な常設のバーチャル市場「ココカーゾ」がロマンテックジャパン社によりリリースされました。

展示会の主要な参加目的である"商材との偶然の出会い"をVR空間内で実現する「ココカーゾ」では、VR空間の中を自由に歩き回りながら商材を見つけることができるほか、名刺交換や資料ダウンロードといったことも可能です。

今回のリリースを記念して、日本中の中国料理に関する商材の展示会である第1弾イベント「中華商材展示会2021」が7月31日までプラットフォーム内にて開催されています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-197108/



④伊藤忠が新サービスVR VENUEを活用した「プレス向けVR空間」をリリース!

VRニュースイッキ見_伊藤忠が新サービスVR VENUEを活用した「プレス向けVR空間」をリリース!

コロナ禍において非対面で商品紹介を行う方法を模索するコンバースジャパン社の要請を受け、伊藤忠インタラクティブは「プレス向けVRイベント空間」を開発リリースしたことを発表しました。

「プレス向けVRイベント空間」とは伊藤忠インタラクティブとフェンリル社が、2021年2月にリリースした低コストで簡単にVR空間を構築できる「VR VENUE」サービスを活用したものです。

原宿キャットストーリートにある直営店「White atelier BY CONVERSE」の2階部分を利用したコンバース プレスルームがVR空間として再現され、スタッフの写真から作成されたアバターと来場者用のアバターにより柔らかいコミュニケーションが可能になります。

伊藤忠インタラクティブ社は、「VR VENUE」を活用し、今後も様々なニーズに合わせた空間やサービスの開発に努めていくとのことです。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-197105/

⑤MANUS社製VRグローブ「Manus Prime X」日本上陸!ゼロシーセブンが取り扱い開始

VRニュースイッキ見_MANUS社製VRグローブ「Manus Prime X」日本上陸!ゼロシーセブンが取り扱い開始

手や指の動きをリアルタイムにストリーミングするオランダ・MANUS社製ハンドキャプチャグローブ「Manus Prime X」シリーズが販売開始されたことが発表されました。

「Manus Prime X」シリーズは

工業用グレードの"フレックスセンサー"

高性能慣性計測ユニット(IMU)による11DOFトラッキング

によって細かな指の動きを読み取ることができるのが特徴です。

日本での取り扱いを担当するゼロシーセブン社によると、今回販売されるのはプロ仕様のモーションキャプチャ性能やフィードバック機能が搭載された

「Prime X MarkerMocap」

「Prime X Haptic VR」

「Xsens Gloves by Manus」

の3製品となっています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-197028/

まとめ

今週後半は様々な用途に活用できるバーチャルスペースの話題が中心となりました。

現実と変わらない時間が過ごせるバーチャルスペースの活用が広がることで、VR空がますます「もう一つの現実」として日常に密着するようになるのではないでしょうか。

高度なモーションキャプチャを実現するグローブやスーツ型デバイスが続々と登場してくれば、「レディプレイヤー1」の世界がさらに近づいてきそうですね。

注目のニュース記事、後半の残り5記事は明日公開します!

お楽しみに!









筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む