VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > ブラウザで動作する新しいクラウド3Dシミュレーター「ClouDali」誕生!

ブラウザで動作する新しいクラウド3Dシミュレーター「ClouDali」誕生!

株式会社大伸社コミュニケーションデザインは、クラウドストリーミングとリアルタイムレンダリングを利用した新しいクラウド3Dシミュレーター「ClouDali(クラウダリ)」サービスの提供を開始したことを発表しました。



「ClouDali」とは?

「ClouDali(クラウダリ)」は、CADやフォトグラメトリを元にした精巧な製品CGを、ブラウザ上で3Dシミュレーションできるサービスです。

ビジュアル制作やレイアウト検証などコミュニケーションを可能にします。

「ClouDali」の特徴

CADやBIMの知識不要の簡単操作

「ClouDali」の操作にはCADやBIMの知識は必要なく、簡単な操作で製品や壁の配置・素材の変更等のシミュレーションが可能です。

ブラウザ上で動作する

ブラウザ上で動作が可能なため、低スペックなPCでも利用できます。

また高価なデスクトップPCを複数台用意する必要がなく、持ち運ぶことも容易です。

精巧な3Dモデルを再現

様々な角度から撮影した物体の画像をコンピューターで解析して、3DCGモデルを生成するフォトグラメトリやCAD・空間3Dスキャンデータを元に作られた精巧なデータを利用することができます。

常に最新バージョンを使用可能

サーバー側のアプリケーションがアップデートされるので、バージョンアップの度にダウンロード、再インストールする手間は発生しません。

常に最新のバージョンを利用することが可能です。

高度なセキュリティ

「ClouDali」は、3Dデータがクライアント側にダウンロードされることがありません。

またブラウザで動作するため、セキュリティ上の理由で外部アプリケーションのインストールが禁止されている場合でも導入が可能です。

「ClouDali」活用例

・プレゼン用のビジュアル制作

・機器設置例、空間提案

・バーチャルショールーム

・施工前の空間のビジュアル、スペースの確認

・搬入前の機器の搬入経路、幅の確認

・作業スペースや動線の確認

・効率的な機器配置の検討

・CADビューワー(機械の構造説明)

・コンフィギュレーター(色替え、自動見積もり)





サービス内容

3DCADデータの変換

色分けや素材感の設定をして、シミュレーター内に配置が可能です。

フォトグラメトリ撮影

製品を3Dスキャンし、シミュレーター内に配置が可能です。

空間3Dスキャン

部屋や工場、ショールームの3Dスキャンを行い、実在の空間に製品を配置したときの検証を可能にします。

今後はコミュニケーションを可能に

今後は空間共有機能が実装され、共同作業やコミュニケーションを可能にすることによって、シミュレーションに加えて以下のようなサービスが提供される予定です。

バーチャル展示会

3DCADデータを元にした精巧な製品の展示を前に、アバターとして出店者と来場者がコミュニケーションを取ることが可能です。

バーチャルショッピング

これまでのバーチャルショッピングでは、製品画像や簡略化した製品CGを展示するケースが多くみられましたが、「ClouDali」を使うことでフォトグラメトリで作成された実物に近い商品CGを見せながら、アバター姿の店員が接客することが可能です。

バーチャル博物館

主催者や学芸員が企画展の内容に合わせて展示品を配置し、説明を追加することが可能です。

学芸員と学生がVR空間を共有することによって、展示品の詳細をレクチャーする教室を開催することも可能です。

まとめ

Webブラウザ上で動作する3Dシミュレーター「ClouDali(クラウダリ)」サービスの提供が開始されました。

CADやフォトグラメトリを元にした精巧な製品CGを、ブラウザ上で3Dシミュレーションすることが可能です。

ビジュアル制作やレイアウト検証が可能で、今後はコミュニケーション機能も追加され、VRショッピングやVR博物館(企画展示)などの実施も可能になります。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む