VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 人と人のつながりを支援する「VR空間プレサービス」が登場!7月下旬リリースへ

人と人のつながりを支援する「VR空間プレサービス」が登場!7月下旬リリースへ

株式会社ビーライズは、株式会社エネルギア・コミュニケーションズ(エネコム)と業務提携し、エネコム社が提供するVR空間プレサービスのシステム開発を行ったことを発表しました。



VR空間プレサービス

「VR空間プレサービス」は、インターネット上からVR空間へアクセスし、来場者に対して企業・団体等が情報発信を行い、さらに相互コミュニケーションを行うことができるサービスです。

プレサービスでは、2022年度に予定している本サービス提供に向けたプラットフォームとパッケージ開発が期間限定で実施され、サービスメニューや料金などについて、より利用しやすいサービスづくりが行われます。

なお、サービスの開始時期は7月下旬が予定されています。

サービスの主な機能

情報発信

VR空間内に企業・団体等が動画やホームページ等情報を配置し、情報発信をすることが可能です。

アバターで自由に移動

来場者はアバター操作で直感的にVR空間内を自由に移動でき、展示物を見て回ることができます。

相互コミュニケーション

来場者と企業・団体等の情報発信者・来場者同士は、チャットでコミュニケーションを取ることが可能です。

提供予定プラン

このサービスでは

「ベーシック」

「スペシャル」

「プレミアム」

の3つのメニューが提供される予定になっており、それぞれのプランの内容・利用用途は以下のようになっています。

ベーシック

標準的サイズやデザインのVR空間をインターネット上に開設し、複数の出展スペースで企業・製品情報等の展示ができます。

またチャット等によるコミュニケーションも可能です。

スペシャル

ベーシックモデルの機能をベースに、VR空間の形状をリクエストに応じてカスタマイズして提供されます。

プレミアム

ライブやコンサートなど多人数の来場者が利用できるように、同時接続可能なVR空間を運営者のリクエストに応じてカスタマイズ提供されます。

詳細・問合せ:エネルギア・コミュニケーションズ公式サイト



開発の背景と取り組み事例

昨今は新型コロナウイルスの感染拡大による影響のため多くの人が集まる展示会やセミナー等のリアルイベントの開催が困難な状況が続いており、そんな背景からビーライズ社とエネコム社は、VR空間サービスを活用した「地元高校生向け企業紹介イベント」や山口県宇部市で行われた内閣府「スマートシティープロジェクト」において有名な建築物を3D化し、建物内にて歴史動画や彫刻など鑑賞できる「3Dエキシビションサイト ウベ」などのオンラインイベントを開催しました。

これらの取り組みは、イベント運営者や参加者から高い評価を受けており、複数の企業・団体等から利用希望の問い合わせが寄せられるなど、関心を集める結果となっています。

これらの取り組みを踏まえ、エネコム社が持つICT活用に関するノウハウや実績と、ビーライズ社のXR技術を活用した、VR空間 プレサービスを2021年7月からエネコム社より提供を開始することが決定されており、両社は本サービスにより社会の持続的発展に不可欠な人と人を繋げるイベントや事業展開を支援するなど、新しい価値提供を目指すとしています。

取組事例紹介

地元高校生向け企業紹介イベント

2021年春に広島県庄原市でVR空間サービスを活用した高校生向けのオンラインでの企業紹介イベントを開催。

▲庄原でいきいき働く協議会「地元高校生向け企業紹介イベント」

3D EXHIBITION SITE UBE

▲渡辺翁記念会館をモチーフにした仮想展示空間

2021年3月から4月に山口県宇部市のシンボルである渡辺翁記念会館をモチーフにしたVR展示空間を開設し、VR空間内にて歴史動画や彫刻など鑑賞できる「3Dエキシビションサイト ウベ」などのオンラインイベントを開催。

VR空間内の移動イメージ映像

 

まとめ

この「VR空間プレサービス」の基本プランでは複数の企業が出展する展示会や企業紹介などのイベント開催が可能な機能がセットになっているようです。

上位のプランでは、VR空間をカスタマイズしたり、ライブなどより多くの集客があるイベント向けのVR空間が提供される予定となっています。

コロナ禍では、公共施設も休館になってしまい美術展などの開催もVR空間で開催されるなど、様々なリアルイベントがVRで実施されるようになってきています。

取り組み事例にあったように、自治体や規模の小さな団体でも気軽にVRイベントを開催できるようになるでしょうね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む