VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > ヤマハがバーチャルマーケット6に出展!バイクのVRシェアライドを展開

ヤマハがバーチャルマーケット6に出展!バイクのVRシェアライドを展開

イメージ

2021年8月14日(土)~28日(土)に開催される「バーチャルマーケット6」に、バイクメーカーのヤマハ発動機株式会社が初出展します。

同社ブースでは、業界初の試みとなる“バイクのVRシェアライドサービス”が展開されます。



バーチャルマーケットにヤマハが初出展

2021年8月14日(土)~28日(土)にVR SNSの"VRChat"上で開催される「バーチャルマーケット6」に、大手バイクメーカーのヤマハ発動機が初出展します。

本イベントは世界中からアバターとなった人々が来場し、さまざまな3Dアイテムやリアル商品の売買の他、

・会場内で乗り物に乗ったり

・映画を見たり

・音楽ライブに参加する

・アバター同士の交流や会場巡り

などをして、リアルイベントさながらもVRならではの体験をして楽しみます。

イメージ

バーチャルマーケット6公式サイト

業界初のVRバイクシェアライドを展開

今回ヤマハの出展では、業界初の試みとなるバイクのVRシェアライドサービスが展開される予定で、バーチャルの世界をバイクで走り回ることができます。

出展会場の出入り口には、3Dモデルで再現された

・スーパースポーツバイク「YZF-R1」

・人とマシンが共響するパーソナルモビリティ「MOTOROiD(モトロイド)」

の2車両が設置され、来場者はこのバーチャル車両に乗って会場内を移動することができます。

このサービスは、VR空間ならではの”新しい体験価値の提供”として、VR空間上で乗って移動ができるバーチャル車両を出展することにより、より多くの人がバイクの持つ魅力や乗る楽しみを体験できるようにと企画されています。

また今回出展されるバーチャル車両は精巧な作り込みで再現されており、実車さながらの二輪車特有の動きやサウンド、爽快感なども体感することができます。

イメージ

<出展モデル概要>

■「YZF-R1」

1998年の販売開始からスーパースポーツ市場を牽引してきた、ヤマハ発動機のモーターサイクルのフラッグシップモデルで、同社の技術の粋を投入しサーキットを征する性能を照準に開発された製品です。

プレスリリース(ヤマハ)

■「MOTOROiD」

2017年の東京モータショーで発表されたコンセプトモデルで、感動体験の創出を目的に、知能化技術というインテリジェンスを用いて、「人とマシンが共響するパーソナルモビリティ」を目指す概念検証実験機です。

プレスリリース(ヤマハ)




ヒト型ロボットの展示も

ヤマハ発動機ブースではバイクのバーチャル車両の他に、同社の開発するヒト型自律ライディングロボット「MOTOBOT(モトボット)」の3Dアバターが設置されます。

来場者は自身のアバター姿で会場内を巡るだけではなく、MOTOBOTの姿になってバイクに乗ったり会場内を回遊することが可能になります。

イメージ

まとめ

バーチャルマーケット6に、バイクメーカーのヤマハ発動機が初出展します。

同社の出展では、業界初の試みとなるバイクのVRシェアライドサービスが展開される他、同社の開発するヒト型自律ライディングロボット「MOTOBOT」の3Dアバターが設置され、MOTOBOTの姿になってバーチャル車両に乗り、会場内を回遊することもできます。

ヤマハの最新技術が再現されたバーチャルバイクやロボットで、VRならではの体験をしてみませんか。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む