VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > VRで安全管理・品質管理の研修を!「VR安全パトロール研修」共同開発

VRで安全管理・品質管理の研修を!「VR安全パトロール研修」共同開発

株式会社Synamonは、建設技術コンサルティングのハタ コンサルタント株式会社と共同で、バーチャル空間を活用し安全管理や品質管理の研修ができるコンテンツとして「施工管理者向けVR安全パトロール研修」を開発した事を発表しました。

「施工管理者向けVR安全パトロール研修」を活用すれば、”いつでも”、”どこからでも”、”現場さながらの環境”で研修を行うことが可能となります。



「施工管理者向けVR安全パトロール研修」とは?

今回開発された「施工管理者向けVR安全パトロール研修」は、安全管理上の間違いが仕掛けられたボックスカルバート工事の仮想現場にて、安全パトロール研修を実施するコンテンツです。

足場の標識について学んでいる様子

研修参加者は研修会場や自宅など、どこからでも研修に参加することが可能で、VR HMDを着用してアバターとなった研修参加者は、VR空間に構築された仮想現場にて、

・施工設備に問題がないか

・作業者の装備や作業位置に問題がないか

といった安全パトロールを行います。

VR空間内を自ら主体的に動き回り間違いを探すことは、従来の決められた画角で撮影された写真や動画を見て学ぶ研修スタイルより、”現場での実践に則したスキル””細かな誤りに気付く感性”を養う効果が期待されています。

開発の背景

総務省が2021年6月に発表した「労働力調査」では、同月の建設業就業者はピーク時だった1997年度の685万人より約220万人減少しており、建設業における人手不足は深刻化しています。

また、日本建設業連合会が2015年5月に発表した「再生と進化に向けて―建設業の長期ビジョン―」によると、2025年には新規技能労働者数が100万人近く不足するといった統計も出されています。

施工管理技術者においても同様の状況にあり、建設現場において即戦力となる人材育成に対する高いニーズがありました。

人材育成手段として大きな役割を担うのが研修で、研修には「座学研修」と「実地研修」の2種がありますが、

・座学研修のみでは現場を体感することが出来ない

・実地研修はコストや準備の手間からできることが限られる

といった課題があり、業界の実情はOJT偏重で現場の教育者頼みにならざるを得ないという問題が存在しています。

こういった背景から、Synamon社は施工管理者向け研修を専門で行っているハタ コンサルタント社と共同し、VRを活用した研修の開発に至っています。

「施工管理者向けVR安全パトロール研修」で期待される効果

座学研修以上の学習効果

本コンテンツを活用した研修においては、

・安全上の間違いがある仮想現場を間近で見ながらの不安全状態や不安全行動の学習

・VR空間上でのコンベックスによる測定やカメラでの撮影等の操作

により、従来の座学研修以上の学習効果が期待されます。

反復学習による安全意識向上

VR空間にあるゆる現場で汎用的に起こり得る危険なシチュエーションが再現されており、反復学習することで日常的に安全に対する意識を高める効果が期待されます。

研修時の準備時間・コストを削減

VR空間上に研修場所を設けているため、実地研修のような準備時間が不要、訓練場や訓練設備等に関する費用の削減も期待できます。



「施工管理者向けVR安全パトロール研修」のイメージ

「施工管理者向けVR安全パトロール研修」のバーチャル空間

足場のフックが外れている箇所を指摘している様子

支保工の幅を計測したり、状況をカメラで撮影している様子

足場から屋上への長さを測っている様子

足場の上下作業や作業員の服装について確認している様子

座学の様子

研修の写真

まとめ

「XRが当たり前の世界」を実現するため、VR/ARをはじめとするXR技術を使ったサービス開発や研究開発を行うテックカンパニーであるSynamon社は、ハタ コンサルタント社と「施工管理者向けVR安全パトロール研修」を共同開発した事を発表しました。

「施工管理者向けVR安全パトロール研修」は、VR空間上に構築された仮想現場で、アバターとなった研修参加者が安全パトロールを体感しながら実施するVR研修です。

質の高い研修を受けた施工管理者の育成が進むことは、建設現場のさらなる安全に寄与しそうですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む