VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > ARをエンタメからビジネスへ活用!ARサービス「JCV MARS」を事業者向けに提供

ARをエンタメからビジネスへ活用!ARサービス「JCV MARS」を事業者向けに提供

イメージ

ソフトバンクの子会社である日本コンピュータビジョン株式会社は、3次元データの空間認識技術で屋外・屋内での位置特定を行い、さまざまなARアプリケーションサービスを提供するSaaSプラットフォーム「JCV MARS(仮称)」を、2021年10月より施設運営事業者向けに提供開始予定であることを発表しました。



ARサービス「JCV MARS」事業者向けに10月提供開始へ

最先端の顔認証ソリューションを提供している日本コンピュータビジョン社が今回発表した「JCV MARS(仮称)」は、3次元データの空間認識技術による屋外・屋内での位置情報を使い、さまざまなARアプリケーションサービスを提供するSaaSプラットフォームで、今年10月からの施設運営事業者向け提供が予定されています。

イメージ

高精度測位社会の構築へ

国土交通省では現在、ストレスフリーな高精度測位社会の構築を目指す

「高精度測位社会プロジェクト」

を進めており、準天頂衛星など屋内外の測位技術を活用したさまざまなサービス提供や、屋内外の電子地図や屋内測位環境などの空間情報インフラ整備といった、さまざまな取り組みを行っています。

同社はこういった背景から本サービスの提供を開始し、高精度測位社会の構築に貢献していきたいとしており、現在は東京・六本木にある、最先端の画像認識技術を体験できる施設"Demo Lab"にて本サービスの公開をしています。

JCV Demo Lab公式サイト

画像認識から位置特定・ARサービスの提供へ

このサービスでは、日本コンピュータビジョン社が持つ業界トップクラスの画像認識技術を活用して屋外・屋内での位置特定を実現。

地図データの特徴点の照合のみで、アプリケーションを通したユーザーへのサービス提供を遅延なく⾼速に行うことを可能にしています。

さらにサーバー側に取り込む地図上の特定のポイント(POI)やARコンテンツを、直感的なGUIで簡単に管理することもでき、事業者もユーザーもさまざまなARアプリケーションを、ストレスフリーで簡単に利用することができます。

イメージ



提供されるARサービス

本サービス開始時には、

・ARナビゲーション(仮称)

・ARマーケティング(仮称)

・ARイベント(仮称)

のアプリケーション提供が予定されています。

商業施設や観光施設ではARを活用したアプリケーションサービスを通して、来場者にとって有益な情報をわかりやすく発信することができ、マーケティングや集客効果が期待できます。

イメージ

また一方で工場では、ARを活用したアプリケーションサービスを通して、

・作業効率化によるコスト削減や人材育成の標準化

・作業全般の安全性向上

などへの貢献が期待されています。

イメージ

イメージ

まとめ

SaaSプラットフォーム「JCV MARS(仮称)」の施設運営事業者向けへの提供開始が、今年10月に予定されています。

このサービスは、3次元データの空間認識技術で屋外・屋内での位置特定を行い、それを使ってさまざまなARアプリケーションサービスを提供するもので、大型施設での案内利用や工場での安全性向上への貢献が期待されています。

もはやこういった技術も、活用が当たり前の時代に突入していきそうですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む