VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 家の間取りを設計してVR内覧が可能!WEBサービス「archiroid.com」リリース

家の間取りを設計してVR内覧が可能!WEBサービス「archiroid.com」リリース

株式会社アーキロイドは、ユーザーが希望する間取りの戸建て住宅をPCで作成し、さらにその間取りをVRで内覧することができるWEBサービス「archiroid.com」を公開したことを発表しました。



「archiroid.com」とは?

「archiroid.com」は、

・自由に好みの間取りの住宅をつくる

・他のユーザーが作った間取りをベースにカスタマイズする

・家の外観や内観をVR内覧する

ことが可能となるWEBサービスで、アーキロイド社が運営しています。

メイクモード(間取り設計)

サービス公式サイト

開発の背景

アーキロイド社は、約500案の自動設計された間取りを検索、VR内覧できるサービスとして「archiroid.com(β)」を2020年6月にリリースしました。

「archiroid.com(β)」のVRモードに実装されていた機能は以下となります。

・構法表示

・構造計算結果表示

・法規(斜線・採光・換気)計算結果表示

・プレカット加工データ出力

VRモード(構法)

VRモード(構造計算)

今回は既存の間取りから選ぶのではなく、自分で設計したい!という要望をかなえるために、ユーザーが間取りを作成できるメイクモードが実装されています。

更に、アーキロイド社に依頼することで制作したVR空間内の戸建て住宅を実際に建築することも可能となっており、「archiroid.com(β)」に対して「archiroid.com(1.0)」と位置づけてリリースされています。



「archiroid.com」でできること

間取りをつくる

部屋の間取りを箱で、窓やドアを面で入力するUIが用意されており、ユーザーは自由に間取りを作って、VRで内覧することができます。

メイクモード右下の評価アイコンをクリックすると、

『作成中のプランの面積、動線、換気、採光、高さ制限などの評価値』

を確認することができます。

建築設計経験がないユーザーでも、評価を確認しながら検討することが可能となります。

メイクモード(開口設計)

内覧する

VR空間上で家の外観や内観を確認すること(VR内覧)ができます。

VR内覧は、”すでに誰かが作った住宅”および、”メイクモードで設計中の住宅”で利用可能となっています。

ユーザーは、VR空間内で住宅を歩き回りながら「魅力的なところを見つける」「直したいところがみつかればメイクモードで編集する」といったことが可能です。

VR内覧モード、家具配置モード

検索する

様々なユーザーが出力した住宅案を一覧として閲覧可能です。

「archiroid.com」上で作られた、まだ現実には存在しない”未建築住宅”たちを、賃貸や中古物件を検索する不動産ポータルサイトのように、面積や価格などの評価でソート・フィルタし検索することができます。

気になる”未建築住宅”は、クリックすると各住宅の詳細ページが表示されます。

詳細ページにて、画像・パノラマ・VRなどの各種データが閲覧可能です。

他ユーザーが創った気になるプランを内覧し、そのプランをベースにメイクモードを使って自分仕様のプランにカスタマイズすることも可能となっています。

未建築住宅検索画面

詳細ページ

まとめ

アーキロイド社は、2020年6月にリリースした「archiroid.com(β)」をさらに進化させ、ユーザーが間取りを作成できるメイクモードを実装したWEBサービス「archiroid.com」を公開したことを発表しました。

「archiroid.com」では、作成した間取りをVR内覧することや、アーキロイド社に依頼することで、実際の住宅を建築することも可能となっています。

建築の知識がなくても、簡単操作で間取りが配置できる「archiroid.com」を活用して、建築士気分で理想のお家を考えるのはとても楽しそうですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む