VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > VRでCADデータを直感的に把握できる「VRLite Ver.2.0」リリース!

VRでCADデータを直感的に把握できる「VRLite Ver.2.0」リリース!

株式会社ATINDEは、3D CADデータを手軽にVR空間に表示できるVRLiteバージョン2.0の提供を、2021年8月27日より開始したことを発表しました。



VRLiteとは?

VRLiteは、設計製造業向けVRの基本的な機能を実装した初めてVRアプリケーションを導入する場合に適したソリューションです。

CADデータをVR空間に表示させることで設計者以外の関係者も直感的に形状や大きさを把握できるようになり、確認や試作の回数を減らすことにつながります。

これまでのバージョン1.0ではOculus専用でしたが、今回リリースされたバージョン2.0は、OpenXRに準拠しているVRデバイスに対応しています。

OpenXR対応デバイス:Oculus Rift S、Oculus Quest2(OculusLink必須)、HTC VIVE等

開発の背景

設計製造業ではCADでの設計後、試作と実機確認を繰り返すことでコストが増えてしまうことが課題となっており、その解決策として、近年では大手CADソフトウェアベンダーからも設計製造向けVRアプリケーションがリリースされています。

しかし、高額なCADソフトウェアにバンドルされているものや、多機能であるがゆえにVR空間での操作に慣れていない場合は利用するのにハードルが高いツールとなっていました。

このVRLiteは、簡単にVR空間でCADデータを確認することができるため、試作回数を削減して工期短縮が可能です。

VRLiteの特長と利用シーン

シンプルな機能で初めてでも簡単に

従来の設計製造向けVRアプリケーションは色や背景の変更など様々な編集機能が実装されていますが、VRLiteはこれら編集機能を排除したシンプルな機能になっており、必要最低限の機能にすることで、簡単な操作を実現し手軽にVR空間でCADデータを確認することが可能です。

また、VRLiteの読み込めるファイルフォーマットはFBX、OBJ、GLTF2、STL、PLY、3Mですが、カスタマイズオプションで他のフォーマットにも対応可能です。

さらにカスタマイズオプションで点群データのVR表示もできます。



利用シーン

VRLiteは次のようなシーンで活用できます。

実寸サイズで確認

モデリングソフトやCADで作成した3Dデータの形状やサイズ感を、CADデータの単位系を用いて表示することができます。

設計レビューの事前検証

設計レビュー前にチームや社内などで、VRLiteを使って簡単なレビューを実施することができます。

またVR空間のキャプチャ画像を保存できるので報告書作成時にも使うこともできます。

プレゼンテーションやWeb会議

プロジェクタに投影してミーティングを行うことや、Web会議アプリの画面共有機能を使ってVRLiteの画面の配信を行うことができます。

デジタルカタログ

写真や図面だけではわかりにくいものも、VRLiteを用いて3Dでわかりやすく表現できます。

レイアウト検証

機器や装置の3Dデータを読み込んで自由にレイアウトの検証を行うことができます。

詳細:公式サイト

まとめ

簡単操作でCADデータを直感的に把握することができる「VRLite Ver.2.0」の提供が開始されました。

計製造業務で手軽にVR技術を活用できるVRLiteは、はじめてのVRアプリケーション導入に適したソリューションです。

今回リリースバージョン2.0は、OpenXRに準拠しているVRデバイスに対応してより利用しやすくなりました。

ソース:プレスリリース[@Press]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む