VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > バーチャル渋谷で「ハロウィーンフェス」10月以降開催!今年はグッズ販売も

バーチャル渋谷で「ハロウィーンフェス」10月以降開催!今年はグッズ販売も

イメージ

渋谷5Gエンターテイメントプロジェクトは、渋谷区公認のVR配信プラットフォーム"バーチャル渋谷"にて、イベント「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス 2021 ~ Fun For Good ~」を、2021年10月以降に順次開催することを発表しました。



「ハロウィーンフェス」バーチャル渋谷で10月以降に開催

「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス」は、渋谷区公認のVR配信プラットフォーム"バーチャル渋谷"内にて行われるバーチャルイベントで、KDDI・渋谷未来デザイン・渋谷区観光協会を中心とする参画企業73社で組成する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」が運営しています。

昨年10月に開催されたイベントでは、

「#StayVirtual(ステイバーチャル)」

をキーワードに、約40万人の参加者が集結して様々な催しをVR空間内で楽しみました。

毎年ハロウィーン時には渋谷に人が集中していたものの、コロナ禍となった昨年は「密回避」という社会問題もあり、バーチャル空間でのイベント開催となっています。

ハロウィーンイベントは、引き続きコロナ禍となっている今年もバーチャル空間での開催が決定しており、「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス 2021 ~ Fun For Good ~」と題して10月以降に順次開催されていきます。

イメージ

渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト公式サイト

今年はステージ上での催しのほか特別グッズ販売も

今回は

・スポーツ

・音楽

・お笑い

などがバーチャルステージで実施されるほか、渋谷5Gエンターテイメントプロジェクトを通じて特別グッズなども販売。

その販売利益はすべて渋谷区へと還元され、バーチャル空間から渋谷の街づくりへ貢献する試みが行われます。

通信やテクノロジーをエンターテイメントとかけ合わせた新しい体験の創出に加えて、楽しむことが街やエンターテイメントの発展につながる

「Fun For Good」

をテーマとしたハロウィーンの実現により、持続可能な社会づくりに繋げられていきます。



オリジナルアバターで参加可能

今回のハロウィーンフェスでは、株式会社Pocket RDの完全自動アバター生成システム「AVATARIUM(アバタリウム)」と連携しており、スマホアプリや"au Style SHIBUYA MODIやGINZA 456 Created by KDDI"などの商業施設に設置されたスキャナーから、誰でも簡単に自分自身ののオリジナルアバターが作成でき、そのアバターに特別な衣装を身にまとって楽しむことができます。

イメージ

「AVATARIUM」とは

「AVATARIUM(アバタリウム)」は、全身を撮影したデータから完全自動でオリジナルアバターを作成するシステムで、スマホのアプリから簡単にカスタマイズすることもできます。

このシステムはバーチャル渋谷との機能連携が進められており、生成したアバターでバーチャル空間を回遊することが可能になります。

まとめ

「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス 2021」が、今年10月以降に順次バーチャル渋谷で開催されていくことが決まりました。

今回はステージ上で様々な催しが行われるほか、特別グッズなどの販売で現実の渋谷の街づくりに貢献する取り組みも実施されます。

さらに自動アバター生成システム「AVATARIUM」とも連携しており、参加者は自分だけのオリジナルアバターでイベントを楽しむことができます。

詳細は渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト公式サイトで発表されていくので、こちらにも注目です。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む