VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > ポケクエとソフトバンクによる共創サービス「VR遠隔支援」10月より提供開始!

ポケクエとソフトバンクによる共創サービス「VR遠隔支援」10月より提供開始!

イメージ

株式会社ポケット・クエリーズは2021年9月15日(水)、ソフトバンク株式会社との協業で、製造業などのDXの推進を目的とした、5Gと最新のVR技術を活用して遠隔地からVR空間で集合研修や作業支援ができるサービス「VR遠隔支援」を、今年10月からソフトバンクより提供開始することを発表しました。



「VR遠隔支援」10月より提供開始

今年10月の提供開始が発表された「VR遠隔支援」は、ポケット・クエリーズ社の持つ最新VR技術とソフトバンクの5G技術を融合させたサービスで、遠隔で

・集合研修

・作業支援

ができる、主に製造業などのDXの推進を目的としたサービスです。

イメージ

quantize-world.com/より

安定したコンテンツの伝送が可能

このシステムはポケット・クエリーズ社のサービスをベースに共同開発されており、VR空間上でアバターの操作やコンテンツの遠隔同期再生ができるアプリケーションに加えて、ソフトバンクが一括して提供する通信ネットワークやクラウド環境により、ユーザー側は

・360度カメラ

・VRデバイスやタブレット

を用意するだけで利用することができます。

またソフトバンクの5Gエリア内であれば、5Gの"高速・大容量"という特徴によって、高精細なVR映像を複数のデバイスに安定して伝送することが可能になります。

VR研修やトレーニングにも利用可能

「VR遠隔支援」では、360度カメラで撮影した映像を編集して研修用のVRコンテンツを作成・VR空間での集合研修ができるほか、工場などの現場に設置した360度カメラの映像をVRデバイスやタブレットへ伝送した上で、遠隔地からVR空間上で作業支援をすることもできます。

近年、製造業などの現場では技術者の不足により、

・熟練技術者による技術の継承

・突発的な不具合が発生した際の対応

が課題となっています。

このサービスはそれに一石を投じるもので、遠隔地からの状況把握や作業指示などが効率的に行えるようになります。

「VR遠隔支援」では、主に以下の用途が想定されています。



遠隔集合研修やトレーニング

360度カメラで撮影した映像をアプリケーション上の簡単な操作で、研修用のVRコンテンツとして編集することができます。

VR映像内にマーキングを施したり、視点を変えた他の映像を組み込んだりすることもでき、完成したVRコンテンツを共有することで、複数人がVR空間に集合する研修やトレーニングが行えます。

遠隔作業支援

工場などの現場に設置した360度カメラの映像をVRデバイスなどに伝送することが可能で、現場で突発的な不具合が発生した場合にも、オフィスなど遠隔地から現場の状況を把握した上で、迅速に・また的確な指示を出すことができるようになります。

まとめ

ソフトバンクの5Gとポケット・クエリーズ社のVR技術を合わせた共創サービス「VR遠隔支援」が、今年10月から提供開始されます。

このサービスは製造業などのDX化の推進を目的としており、アバター・360度映像と5Gの高速・大容量でVR研修や現場の作業のサポートなどが可能になります。

課題が山積みの製造業などに一石を投じることになりそうなこのサービス、ますます注目が集まりそうですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む