VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > DNPが「市谷の杜 本と活字館」のオンラインVRツアーを開始!

DNPが「市谷の杜 本と活字館」のオンラインVRツアーを開始!

​大日本印刷株式会社(DNP)は、2020年11月にオープンした活字と本づくりに関する文化施設「市谷の杜 本と活字館」をオンラインで見学できる「市谷の杜 本と活字館 VRツアー」を、2021年9月16日(木)に公開しました。



「市谷の杜 本と活字館」オンラインVRツアーとは?

今回公開された「市谷の杜 本と活字館」オンラインVRツアーは、パソコンやスマートフォンなどを使い、実際の活字館内にいるのと同じような感覚で体験できる、360度VR映像で構築された施設内を回遊できるサービスです。

活字がぎっしり並んだ棚や活版印刷用の様々な機械をはじめ、趣向を凝らした企画展の展示内容だけでなく、大正時代の竣工時の姿に復元されたレトロモダンな建築や内装など、同館そのものを楽しむことができます。

ツアーへの参加方法

専用サイトにアクセスすることで、バーチャルな館内に入場することができ、画面内の矢印をクリックして館内を順路に沿って進むことも、館内マップから見たい場所を選んで観覧することも可能です。

詳しく見たい箇所では、画面を長押ししながら操作することで、角度を変えて360°見渡したり、近づいて見ることができます。

専用サイト:「市谷の杜 本と活字館」オンラインVRツアー

VRツアーの見どころ

コロナ禍でも気軽に来場できる

コロナ禍により旅行や観光・イベントや美術鑑賞等が楽しめない中、今回開発された「市谷の杜 本と活字館」オンラインVRツアーは、感染防止のための制限に左右されることなく、すべての人がいつでもどこでも、自由に館内をVRで楽しむことができます。

展示だけでなく大正時代の建築も楽しめる

展示されている活字の棚や活版印刷機等の貴重な資料だけでなく、天井・柱・梁のレリーフ、クラシックな照明やタイル床など、1926(大正15)年の竣工当時の姿に復元された館の建築意匠を間近に見ることができます。

リアルでは立ち入れない印刷所も見学できる

リアルな「市谷の杜 本と活字館」見学では立ち入ることができない印刷所エリアも、オンラインVRツアーでは見ることができます。

高精細な20K画像でリアルな体験ができる

オンラインVRツアーで使用されている360°画像は一眼レフカメラで撮影されており、HDR(High Dynamic Range)合成や、高解像度化などの処理がされ制作されています。

画像データの解像度は、

・館内設備等には12K

・活字棚および一部ポップアップはより高精細な20K画像

が使用され、リアルで見るより細かな部分まで楽しむことができます。

リアル展示と合わせてVRツアーもアップデート

企画展の切り替えなどに合わせて各種コンテンツが制作され、オンラインVRツアーの内容も随時更新されていくために、リアル展示と同じように新たな企画展を楽しむことができます。

また、撮影された画像は「市谷の杜 本と活字館」の活動のデジタルアーカイブとして保存されます。



ツアー開発の背景

本と活字館では、コロナ禍において感染防止に努め、入館人数の制限や入館時の検温・消毒などの対策が行われており、緊急事態宣言中は印刷体験ワークショップ等の一部の企画が休止されていました。

来場者に、安全・安心に「市谷の杜 本と活字館」を見学してもらい、楽しんでもらうために、​これまでに大日本印刷社が培ってきた技術・ノウハウを活かして今回のオンラインVRツアーが開発されています。

「市谷の杜 本と活字館」とは?

「市谷の杜 本と活字館」は、当時の活版印刷の職場が一部再現された「文字のデザインから、活字の鋳造、印刷・製本までのプロセス」を展示・紹介する『リアルファクトリー』です。

昭和初期の印刷機が稼働する様子や活版職人が作業する姿も、実際の動きがわかる『動態展示』の形で公開されています。

さらに、活版印刷のモノづくり体験ができる工房も備わっていて、参加型ワークショップなども随時開催される予定となっています。

まとめ

美術品のVR化など、VRやARなどの技術開発にも力を入れている大日本印刷社が、文化施設として昨年11月にオープンした「市谷の杜 本と活字館」オンラインで見学できる「市谷の杜 本と活字館 VRツアー」を2021年9月16日に公開しました。

使用されている360度VR画像には、活字棚など20Kの高精細な画像も使われており、印刷技術をリアルに体験できるコンテンツとなっています。

スマホやPCで自由に見学可能なので、興味のある方は是非見学してみてください。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む