VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > クモ恐怖症を治療するための「曝露療法」用のARアプリが登場!その有効性は?

クモ恐怖症を治療するための「曝露療法」用のARアプリが登場!その有効性は?

アイキャッチ画像:VR Scout

クモや他のクモ類の恐怖として知られるクモ恐怖症は、診断された人々に臨床的に重大な苦痛を引き起こすことが証明されています。

スイスのバーゼル大学の研究者たちは、クモ類の非現実的な恐怖に苦しむ人々を助けることができるARを利用したアプリを開発しました。



クモ恐怖症の「曝露療法」アプリ

今回開発された新しいスマホアプリは「Phobys」と呼ばれています。

「Phobys」は、AR技術によってバーチャルなクモをスマホに表示し、クモ恐怖症の人々を安全にコントロールされた環境で最大の恐怖に晒します

アプリで表示するクモの距離感は10段階で変更することが可能です。

ARのクモをまじまじと観察し徐々に自分に近づけて、最終的には自分を這わせるような形になります。

この段階ではクモが手を横切って這うことになっても、ユーザーにほとんどまたはまったく精神的な恐怖や苦痛を感じなくなっています。

これは「暴露療法」と呼ばれる心理的治療方法に基づいており、シミュレートされた環境で恐怖の対象に晒すことで恐怖心と向き合えるようにするものです。

Phobysは、現在、iOSおよびAndroidデバイスでダウンロードできるようになりました。

このアプリには、クモに対する恐怖を測定する無料のテストが付属していおり、追加の$ 5で10レベルすべてのロックを解除できるとのことです。

Phobysの有効性に関する実験

アプリの開発・リリースにあたってバーゼル大学の研究チームは、18〜40歳のクモ恐怖症の66人の被験者に対して2週間にわたる臨床実験を行っています。

彼らはアプリを利用するグループと利用しないグループの2つに分けられて、その後実際のクモに恐怖心が許す限り近づいていくテストを受けるというものです。

このうち、アプリを利用したグループはクモや他のクモ類に対する全体的な恐怖が大幅に減少したとの報告がされました。

バーゼル大学はアプリのウェブサイトで以下のように述べています。

彼らはこのほかにも、クモに対する恐怖、嫌悪感、行動、考えに関するいくつかの質問票に記入しました。

Phobysを使用したグループの参加者は、実際の状況とアンケートの両方で、クモに対する恐怖と嫌悪感が大幅に減少したことを示しました。

したがって、Phobysはクモの恐怖を減らす効果的な方法であることが示されています。

まとめ

世の中には様々な恐怖症がありますが、そんな恐怖症を克服するのに有効な治療法といわれるのが「曝露療法」です。

恐怖症患者を恐怖の対象となるモノ・コトに触れ合わせる治療方法ですが、恐怖症の内容によっては曝露療法ができない場合もあります。

そこで、近年では、完全に安全を確保した上でリアルな恐怖環境を作り出すことができるVRやARが使われるようになりました。

地味ですが深刻な患者が多いクモ恐怖症に関しては、より身近で利用しやすいスマホのARアプリが向いているかもしれません。

研究チームはあくまでも「軽症者用」としているようですが、臨床実験ではある程度の有効性が示されています。

そのため、このPhobysのノウハウを応用して、重症患者用のアプリや他の恐怖症向けの治療アプリの開発が進むことに期待したいですね。

参考:How Researchers Use AR Spiders To Cure Arachnophobia[VR Scout]









筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む