VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 企業・ブランド向けVR空間制作サービス『One VR』リリース!

企業・ブランド向けVR空間制作サービス『One VR』リリース!

イメージ

合同会社vartiqueは、オンラインイベントやバーチャルストア等で利用できる企業・ブランド向けVR空間の制作サービス『One VR』の提供を開始したことを発表しました。



アプリ不要!ブラウザで動くメタバース『One VR』とは?

『One VR』は、一般企業・団体・ブランド向けのVR(メタバース)空間の制作サービスで、アプリ不要な上にブラウザで利用でき、PC・スマホ・VRゴーグルで体験することができます。

オンラインイベントやバーチャルストアといった様々なシーンで活用が可能で、自社HPを作成する感覚でVR(メタバース)空間を作成し活用することができます。

イメージ

様々なコミュニケーションが可能

このシステムでは、テレビ会議や動画配信ではできなかった

・音声会話

・チャット

・画面共有

が可能となっており、VR空間の中で様々なコミュニケーションが可能となっています。

イメージ

詳細:『One VR』サービスサイト

デモ体験も可能

vartique社の事業内容を掲載したVR空間が用意されており、『One VR』の可能性を体験することができます。

イメージ

デモ体験:vartique official room



『One VR』の特徴と活用例

特徴

アプリのインストールが不要な上にブラウザで利用することが可能で、PCやスマホ、VRゴーグルなど様々なデバイスから利用することができます。

また、会話やファイル・画面の共有といった機能が豊富に搭載されており、オリジナルルームの制作ができるほか、

・24時間利用可能で機会損失を防止可能

・リアルとオンラインの同時開催で遠隔地の顧客対応が可能

という特徴があります。

イメージ

活用例

『One VR』は、プロモーション、イベント、ブランディングといったマーケティングに最適なサービスで、また教育機関でのオープンキャンパスや地域活性化のためのイベントなどにも活用できます。

イメージ

<活用例>

・ウェビナー

・新商品発表会

・バーチャルストア

・不動産VR内覧

・展示会 ・広報

・研修  ・懇親会

・学会

・オープンキャンパス

・地域活性化

・ファンイベント

基本機能・価格

本サービスは30万円から制作可能となっており、制作した空間は期間無制限で公開可能。

画像や動画・オーディオファイル・3DCG、リンクなどの各種データ合計15点まで設置でき、制作した空間にはアバター25名・閲覧のみ100名まで入ることができます。

また動画や画像・3DCGデータの最適化や動画・オーディオファイル・マイクの空間音響設定も搭載されており、オプションとしてID・PWを設定することも可能です。

イメージ

まとめ

企業・ブランド向けのVR(メタバース)空間の制作サービス『One VR』の提供がvartique社より始まりました。

ブラウザで動くことから、ユーザーがアクセスしやすくマーケティングに最適なサービスでかなり自由度が高そうです。

デモ体験もできますので、興味のある方は是非デモ体験してみてください。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]





VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む