VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > VR空間上の街「DXタウン」の全国民へ自分専用VRルームが無償提供が開始!

VR空間上の街「DXタウン」の全国民へ自分専用VRルームが無償提供が開始!

株式会社テンアップは、同社が展開するVR空間上の街「DXタウン」の全国民を対象に、各個人のVRルームを無償で提供開始することを発表しました。

今回の試みは、まだまだ一般的とは言い難いVRを1人でも多くの人に楽しんでもらうことで、メタバースを推進する目的で企画されたものです。



自分専用VRルーム無償提供へ

※お店のVR空間を楽しんでいるイメージ画像

コンセプト

今回無償提供される自分専用VRルームは、

『一部のIT技術に長けたユーザーだけが使えるVRではなく、多くの一般ユーザーに楽しんでもらう』

というコンセプトのもと開発されており、今回初めてVRを体験するユーザーでも楽しめるような工夫が施されています。

自分専用VRルームの特徴

アバターの顔部分がWebカメラ画像

一般的なVRのアバターは、ゲームに代表されるように全身がアバターとして表示されます。

その一方で今回提供されるVRでは、『顔の部分はWebカメラの画像』になっており、お互いの顔を見ながら話をすることができるようになっています。

昨今のコロナ禍によりWeb会議が一般的になってきましたが、イメージとしてはWeb会議中の人の顔の画像にアバターの体が合体したものとなります。

パソコン、スマホで操作可能

VRルームの操作はWeb会議同様、VRゴーグル不要のPCやスマホのみで行うことができます。

入室はURLをクリックするだけ

VRルームには難しい設定は一切必要なく、各個人用のURLが発行されるため、ユーザーはそのURLをクリックするだけで自分のVRルームに入ることができます。

また他ユーザーとURLを共有することで、同じVRルームに入ることも簡単に可能となります。

24時間365日使い放題

今回提供される個人専用VRルームは、何時間でも無償で使用することができます。

自分好みの部屋を選択可能

VR空間は、テンアップ社が準備したいくつかのモデルから自分好みのものを選択して使用することができます。

無償VRルームの申し込み方法

無償VRルームは、VRliteのHPにある「お問合せ」の「あなただけのVR空間プレゼント」から申し込むことができます。

テンアップ社の専用ルームにて、VRツールについて、実際に体験しながら説明を受けることができます。



今後の展開について

VRルームは、『Web会議以上の体験や情報を提供できる』という特徴を有しており、これによりコロナ禍においても多くの人に貢献できる使用方法があるとテンアップ社では考えています。

そこでテンアップ社は、社会的貢献の度合いが強い業界や部署に対し、優先的に無償VRルームを提供したいという考えです。

また同時に並行して一般ユーザーへの提供も進めているため、楽しく友達とコミュニケーションできる場として活用することもできます。

テンアップ社がVRで貢献できると考えている業界

企業の人事部:入社希望の学生さんに会社の風景等を体験提供が可能

学校の授業 :同じ場所を共有し、友達と体を動かしながら受講できる学び

観光関係  :観光地を世界中の人にオンラインで観光案内

店舗・接客 :オンラインでも丁寧な接客を行いたい方

まとめ

『一部のIT技術に長けたユーザーだけが使えるVRではなく、多くの一般ユーザーに楽しんでもらう』というコンセプトのもとテンアップ社により開発されたVRルームが、「DXタウン」の全国民に無償提供されることが発表されました。

Webカメラのユーザー自身の顔をアバターに使用できることが特徴の一つに数えられるVRルームは、楽しく友達とコミュニケーションできる場として普及することを目指しています。

さらに、VRルームが多くのユーザーに普及した後には、各VR空間を自由に行き来できる「街化計画」もメタバース推進の一環として用意されています。

アバターにWebカメラの顔の画像を組み込むことで、より対面に近い感覚でコミュニケーションをとることが、誰でも簡単に・無償ではじめることができるなんて、ワクワクするニュースですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む