VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 「バーチャル渋谷」を1日貸し切り!メタバースイベントパッケージの販売スタート

「バーチャル渋谷」を1日貸し切り!メタバースイベントパッケージの販売スタート

クラスター株式会社は、同社が運営するメタバースプラットフォーム「cluster」において、KDDI株式会社と一般社団法人渋谷未来デザインが、clusterイベント会場として「バーチャル渋谷」を1日貸し切り利用可能となるサービス「バーチャル渋谷・1DAYイベントパッケージ」を販売開始することを発表しました。



「バーチャル渋谷・1DAYイベントパッケージ」提供開始

「バーチャル渋谷・1DAYイベントパッケージ」は、インターネット上に構成されるVR空間でのイベント開催時に必要な、演出・配信・出演者のオリジナルアバター作成をパッケージ化し、音楽ライブやスポーツ観戦などのイベント主催者向けにワンストップで提供するものです。

これによりイベント主催者は、実在する都市「渋谷」と連携した「バーチャル渋谷」をメタバースイベント会場として利用できるようになり、独自のメタバースイベントを開催することが可能となります。

新たなイベント開催手段として都市連動型メタバースを提案するとともに、日本発「メタバース」の発展と実在都市の価値向上を目指していく、新たな取り組みとなっています。

サービス開始の背景

ここ数年、ビジネスやコミュニケーションのデジタル化が進み、ライブ配信などをユーザーとのコミュニケーションツールとして活用する企業が増加していて、ライブ映像を配信するだけでなく、より臨場感のあるコミュニケーションが可能なVR空間「メタバース」への関心も高まってきています。

また、ニューノーマルのイベント開催会場として「メタバース」の利用や関心が高まっており、そういった背景から今回のサービスが開始されています。

「バーチャル渋谷」について

「バーチャル渋谷」は、2020年5月に渋谷区公認の配信プラットフォームとして開設されました。

これまでに「バーチャル渋谷 au 5Gハロウィーンフェス」やサッカー日本代表戦のパブリックビューイング、総勢100組のアーティストによる音楽ライブなど、さまざまなイベントが開催されています。



サービスの特徴と利用シーン

特徴

ワンストップで手軽にイベント開催

イベント主催者が、音楽ライブにスポーツ観戦や自社商品・サービスのPR、ファンとのコミュニケーションなどのVRイベントを、より手軽に企画しやすいパッケージプランです。

臨場感あるイベントが可能に

ファンの目の前にゲストのアバターを登場させるなど、通常のライブ配信とは異なる「メタバース」ならではの臨場感あるイベント演出ができます。

活用シーン

エンタメ系のイベントだけでなく、企業PRなどビジネスシーンでの活用や、リアル「渋谷」でのイベント開催に合わせた同時開催など様々な使い方が可能で、特に以下のようなシーンでの活用が期待されています。

・音楽ライブ

・スポーツイベントの中継

・企業の商品やサービスのPRイベント

・アーティストのファンミーティング

・渋谷でのイベント開催時に、連動して「メタバース」でのイベント実施

詳細:バーチャル渋谷 1DAYイベントパッケージ 特設サイト

まとめ

都市連動型メタバース「バーチャル渋谷」で気軽にライブ、スポーツ観戦イベントが開催可能になるパッケージプランの販売が開始されました。

「バーチャル渋谷」でのイベント開催時に必要な演出・配信・出演者のオリジナルアバター作成が基本パッケージになっていて、音楽ライブやスポーツ観戦などのイベント主催者向けにワンストップで提供されます。

最近では、「名探偵コナン」のコミックス100巻発売を記念したトークイベントが「バーチャル渋谷」で開催されるなど、様々なイベント会場として利用されるようになってきています。

このパッケージプランによってさらに活用が広がり、これまでも情報発信地として注目を集めていた「渋谷」がメタバース「渋谷」としても注目を集めていくことになりそうですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む