VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > VR飲酒にも使える!人気アバターコラボラベルのラム酒限定240本発売開始へ

VR飲酒にも使える!人気アバターコラボラベルのラム酒限定240本発売開始へ

外神田商事株式会社は、人気のアバター「メリノ」が株式会社シィクリエイティブインターナショナルが輸入販売する無農薬クラフトラム酒「LAODI(ラオディ)」とコラボした限定ボトルを、2021年12月1日より発売することを発表しました。

LAODI x MERINO コラボレーション限定ボトル「LAODI シュガーケーン マリアージュラム MERINO EDITION」は、特設ページにて240本限定で販売され、VRChatで利用できるボトルとグラスのアセットも無料配布されます。



LAODI x MERINO コラボが実現!

LAODI x MERINO コラボレーション限定ボトル

今回メタバースで人気のアバター「メリノ」がコラボレーションするのは、東南アジア・ラオスで製造されるクラフトラム酒「LAODI(ラオディ)」です。

このコラボにあたって、「メリノ」の作者・ぽんでろ氏がラベルを新規に書き下ろしています。

商品概要

コラボ商品の名前は「LAODI シュガーケーン マリアージュラム MERINO EDITION(リキュール)」となっており、内容量は750ml。

アルコール度数は25%で、価格が税込・送料込みで6,500円となっています。

限定ボトル予約サイト

LAODI公式オンラインショップ

リアルとVR、どちらも楽しめる!

今回のプロジェクトは、「LAODI シュガーケーン マリアージュラム」をメタバース飲み会での「はじめの1本」に選んでもらい、ラム酒を身近に楽しんでもらう!がコンセプトとなっています。

そこで、”リアルでLAODIを飲みながらVRでもLAODIを楽しむことができる”よう、VRChatで利用できるボトルとグラスのアセットも無料配布されます。

なぜラム酒なのか?コラボの背景

昨今のコロナ禍も後押しし、世界中の人とつながることができるソーシャルVRアプリの人気が高まりをみせています。

中でも世界最大のメタバースSNS「VRChat」には、ユーザーが制作した『飲み屋街やバーを再現した世界』が多数製作されており、毎日世界中の人々が24時間飲み会を開催している状況となっています。

外神田商事の代表取締役である喜田 一成さんは、ハンドルネーム「なるがみ」としてサブカルチャー業界で広く知られており、同社は「作家と共に歩む」という経営理念の下、漫画家やイラストレーター、同人作家といったクリエイターの支援サービスを展開しています。

その喜田さんが「VR飲酒」という文化に触れていく中で、20代のユーザーから寄せられた

「コンビニで買った蒸留酒やワインが美味しくなかった。缶チューハイしか飲まない。」

という体験を耳にし、

「蒸留酒の美味しさを広めたい」

という思いを抱いたことから、今回のコラボが実現しています。



『LAODI シュガーケーン マリアージュラム』が選ばれたワケ

『LAODI シュガーケーン マリアージュラム』は、世界3%しかない非常に手間のかかる製法でつくられた希少なラム酒に、無農薬さとうきびを生のまま漬け込むことで甘さを最大限まで抽出したリキュールです。

そのため、カラメルのようなビターさもありながら、黒糖のような深いコクのある甘さが楽しめる、ついホッとしてしまう味わいのラム酒となっています。

このお酒は2018年に香港で開催された国際的品評会で銀賞を受賞しており、”甘めのお酒に飲み慣れている若い世代にも飲みやすい蒸留酒”として喜田さんイチオシであることや、また『LAODI シュガーケーン マリアージュラム』と牛乳を1:1で割って楽しむ「大人のミルクラテ」は濃厚な甘さが特徴で、羊がモデルの女の子である「メリノ」のイメージに合致することから、今回のコラボ相手に選ばれています。

まとめ

漫画家やイラストレーター・同人作家といったクリエイターの支援サービスを展開する外神田商事は、2006年創業の東南アジア・ラオスで製造されるクラフトラム酒「LAODI シュガーケーン マリアージュラム」と、メタバースで人気のアバター「メリノ」がコラボする限定ボトルを、専用サイトにて2021年12月1日より240本限定で販売することを発表しました。

美味しいお酒を片手に気の合う仲間と楽しむ「VR飲酒」は、これからの飲み会の形の一つになりそうですね。

ソース:プレスリリース[@Press]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む