VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > メタバースを活用した就活相談サービス「就活メタバース」がリリースへ!

メタバースを活用した就活相談サービス「就活メタバース」がリリースへ!

イメージ

ポート株式会社は、次世代のマッチングサービスとして、メタバースを活用した就活相談サービス「就活メタバース」をリリースしたことを発表しました。



「就活メタバース」とは?

今回リリースされた「就活メタバース」は、バーチャルプラットフォームを活用した就職相談サービスで、オンラインでの面談とは違ってまるで対面で会話をしているようなリアルな空間をVR上に構築しています。

就活のプロであるキャリアコンサルタントが就職活動の悩みをヒアリングし、就活生の希望にそったキャリアプランの提案、人材紹介サービス等を提供します。

メタバース上での面談の様子

VR空間の中ではアバターとなった自分自身を動かし、移動やアクションを行うことができます。

既存プラットフォーム「Spatial」を活用

今回は既に海外では数多くの企業に採用されている「Spatial」を活用する形で、サービスがスタートしています。

Spatialは没入型のワークスペースを提供しており、VR・ARデバイスだけでなくPCやスマートフォンからも参加できるリモートコラボレーションプラットフォームです。

技術革新やユーザーの増加が見込める等、普及が見込めるプラットフォームで日本企業での提携事例もあります。

開発の背景

仮想空間市場への早期参入

仮想空間市場への新規参入が相次いでおり、近い将来メタバースが人々が活動する一つのプラットフォームとして確立され、あらゆるモノ・ヒト・情報の「マッチング」の場として広がっていくことが予想されています。

また、ワークスタイルが多様化する昨今において、メタバースを一つの「働く場所」として活用する例も増加しつつあり、働く場所の変化は企業の入り口となる採用活動、なかでも面接活動の在り方を大きく変えると考えられます。

そこでポート社は、2021年11月15日に「メタバースを活用したマッチングDX事業の実証実験の開始」を発表し、就職活動の様々な場面において、メタバースを活用した新しい就活体験のテストマーケティングを実施しています。

コロナ禍での就活をサポート

コロナ禍においては就職活動のオンライン化も急速に進んでおり、現在では多くの企業がオンライン面接等の導入をしています。

一方でオンライン面接では、対面に比べて人柄やパーソナリティが伝わりづらいという課題も出てきています。

そんな中で対面しているかのような仮想空間での説明会や面接は、よりリアルに企業と学生がコミュニケーションをとれる場として、導入が加速することも予想されます。

このような状況の中、ポート社はいち早くその流れを掴むべく、第1弾としてメタバースを活用してキャリアアドバイザーが就職相談サービスを提供する「就活メタバース」をリリースしました。



今後の展開

ポート社では、「就活メタバース」を通じた会員数の増加や人材紹介サービスによる売上増加を目指しています。

新しい就活手法を取り入れることによって新しいユーザー層の獲得も期待されており、同社ではいち早く本サービスを確立させることで、今後はメタバース空間での面接プラットフォームの開発等についても積極的に検討を進めていきたいとしています。

まとめ

対面で会話をしているようなリアルな体験ができる「就活メタバース」がリリースされました。

就活のプロであるキャリアコンサルタントが就職活動の悩みをヒアリングし、キャリアプランの提案、人材紹介サービス等の提供が受けられます。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む