VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 「バーチャル秋葉原」2022年春オープン!神田明神公認「神田明神社殿 」も開発

「バーチャル秋葉原」2022年春オープン!神田明神公認「神田明神社殿 」も開発

合同会社AKIBA観光協議会は、東京都千代田区秋葉原地域の活性化を目的とした地域共創型XRまちづくりとして、2022年春のオープンを目指し、大日本印刷株式会社とともに「バーチャル秋葉原」を開発することを発表しました。



「バーチャル秋葉原」とは?

「バーチャル秋葉原」は、『秋葉原地域の活性化を図ること』を目的にVR空間上に開発中の街です。

・日本の伝統文化

・アニメ、コミック、ゲーム等のコンテンツを含むジャパンカルチャー

の発信を通じ、リアルな街と連動し秋葉原地域の活性化を図る目的で開発されています。

2022年春のオープンを目指し、AKIBA観光協議会とDNPが共同で開発を進めるとともに、この活動を推進する組織として「バーチャル秋葉原」委員会を設立し、広く団体・企業の参加を募っています。

公式サイト:バーチャル秋葉原

開発の背景

秋葉原は東京都千代田区にある街で、「子育てしやすさ、介護しやすさ日本一」や「環境・文化・スポーツでさらに豊かな暮らし」の実現に向け、

・AKIBA安全・安心プロジェクト

・観光情報発信

・イベントの機能拡張

・いいねスポーツちよだ

など、様々な取り組みを推進してます。

「秋葉原という街・文化を皆さまと共に次のステージへ」をコンセプトに、地域事業者や行政等と事業を推進しているAKIBA観光協議会は、現実の街と並列する仮想的な街・施設を開発し、地域の新しい価値を創出していくXRコミュニケーション事業を推進しているDNPとともに、リアル秋葉原の街と連動した「バーチャル秋葉原」を開発するにあたり、千代田区から支援を受けることになりました。

また、「バーチャル秋葉原」は、地域の名所である神田明神の公認も得ており、神田明神も含め近未来をイメージしたビジュアルとなっています。

「バーチャル秋葉原」の特徴

「バーチャル秋葉原」には、秋葉原のメインストリート「中央通り」と創建1,300年の文化・歴史を持つ「神田明神」がリアリティとサイバー感が共存する「XR空間」として再現されています。

バーチャル秋葉原(開発中)

神田明神の実空間(開発中)

ユーザーは自身のスマホやPCから「バーチャル秋葉原」にアクセスし、アバターとなって

・仲間とともに街や施設を探索する

・イベントやライブに参加する

といった新しい体験を楽しむことができます。

自治体や参画企業等は、国内外から集まるユーザーに向け

・各種商品の販売

・サービスの提供

・クリエイターによるコンテンツ作品の展示や販促活動

を実施することが可能です。

バーチャル秋葉原(開発中)

神田明神の実空間(開発中)

配信プラットフォームには、

・DNP「PARALLEL SITE」

・合同会社DMM.com「Connect Chat」

が採用されており、順次拡大予定となっています。

「バーチャル秋葉原」が目指すもの

・千代田区の支援と神田明神の公認を得て、安全・安心な各種公式サービスを提供すること

・国内外のユーザーに、リアルとバーチャルを融合した新しい秋葉原の魅力を提供すること

・コンテンツとの接点を作り、世界中のファンが「好き」に触れて、仲間とともに幸せになる世界を提供すること



今後の展開

AKIBA観光協議会とDNPは、リアルとバーチャルの両方の空間で秋葉原地域へのアクセスの増加を図り、さらなる地域活性化を目指しています。

そのために、企業・団体等の「バーチャル秋葉原」委員会への参加を募るなどして委員会の活性化を図りつつ、各参加者との連携を深め、「バーチャル秋葉原」を活用した多様な企画を実行する予定となっています。

まとめ

AKIBA観光協議会とDNPは、リアルとバーチャルの融合による地域共創型XRまちづくりを推進すべく、「バーチャル秋葉原」を開発し、2022年春オープンを目指していることを発表しました。

この開発は、千代田区の支援と、地域の名所である神田明神の公認を受けて進められます。

リアルでは、まだまだ観光客を広く募ることは難しい状況かもしれませんが、アフターコロナを見据え、国内外に地域の魅力を発信するには、VRは有効な手段となりそうなニュースですね!

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む