VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 大学生がVR英会話カリキュラムを作成!メタバースでの言語教育モデルを提唱

大学生がVR英会話カリキュラムを作成!メタバースでの言語教育モデルを提唱

イメージ

VR言語学習教育プラットフォームを提供する米・Immerse Inc.と中央大学国際情報学部_iTL_の斎藤ゼミが、共同で学生同士がVR空間内で教え合う自走型英語学習の共同検証を実施しました。

ここでは英語が得意な斎藤ゼミの3年生4名にimmerseプラットフォームのライセンス提供が行われ、その学生たちがバーチャル空間を使ったタスクベースのVRレッスンカリキュラムを作成。

英語学習に興味のある同ゼミ2年生の学生8名にレッスンを提供する「学生自走型のVR学習」が行われています。



中央大生がVR英会話カリキュラムを作成

Immerse Inc.と中央大学国際情報学部_iTL_の斎藤ゼミが今回行ったプロジェクトでは、過去にVRレッスンをプロの講師から受けたことのある学生がレッスンカリキュラムを自分自身で考案・作成し、immerseプラットフォームの空間やレッスンプランが自由編集できる"オーサリング機能"を使い、学生自身がレッスンを考案・実施するという内容で研修が行われました。

イメージ

双方がアクティブになる講座が可能に

このプロジェクトの結果、

教える側も教えられる側もよりアクティブなラーニングが可能

ということが分かっており、今回生徒側として受講した8人の学生たちがレッスンに対する平均満足度を5点満点中4.6と評価するという、非常に高い結果が得られています。

この検証を行ったImmerse Inc.と中央大学国際情報学部_iTL_斎藤ゼミでは、今後も同ゼミの斎藤裕紀恵准教授指揮のもと

「VRがもたらす言語教育・国際交流における教育効果や海外留学の代替としてのVR留学の可能性等」

について様々な角度から研究・発表を共同で継続していき、「メタバースにおけるVR言語教育」の発展に寄与していくとしています。

イメージ

検証にあたってのコメント

今回の検証にあたって、実験を陣頭指揮した中央大学の斎藤裕紀恵准教授からのコメントが公開されています。

イメージ

斎藤ゼミでは第2言語習得論を学びながら、EdTechの英語教育への導入の可能性について研究を進めています。

昨年、一例として現3年生がImmerse社のVR英会話レッスンを体験しました。

今年は構成主義、社会構成主義のアプローチを採用して、学生自身が教師役となりVR英会話レッスンの提供を体験することによって、VRを活用した英語授業に関しての知識を増やして、可能性を探求することを1つの目的としていました。

またVR英会話レッスンの提供をプロジェクトとして立ち上げることによって、グループ内で学び、協力し合うことをもう一つの目的としてプロジェクトを進めました。

準備期間を含めて、5カ月のレッスンの設計と実施を通して、VRの英語教育への活用の可能性について深く考える機会になったと思います。

教師役としてVR空間で英会話レッスンを提供することが自身の英語力向上力に繋がったとのフィードバックもありました。

今後、教師役としてVR英会話レッスンを提供する学生の前後のスピーキング力の変化を見ることによって、教育実習へのVR体験導入の可能性の検証研究等に繋げていく予定です。

引用:プレスリリース




「immerse」とは

今回の検証に使われた「immerse」は、米・Immerse Inc.が提供するVR英語教育プラットフォームで、英会話スクールや高校・大学などの教育機関がバーチャル上での英語学習カリキュラムを作成したり、アバターを使ったレッスンを行うことができます。

講師はPCから、生徒はHMDやPCの両方から参加することが可能で、バーチャル空間を用いたタスクベースの英語学習カリキュラムを、難しいスキルなしで直感的に作成・保存をすることもできます。

このプラットフォームは主に日本や北米・ヨーロッパの

「英会話スクール」

「オンライン英会話事業会社」

「高校・大学の教育機関」

での導入が進んでおり、VR空間内に再現された空港やカフェ・レストランなどのリアルなシーンや360度のパノラマ写真で、アバターを利用した没入感溢れるVR英会話レッスンを実施することができます。

イメージ

まとめ

米・Immerse Inc.と中央大学の斎藤ゼミが今回、VR英会話教育の検証を実施しました。

ここではVR英語教育プラットフォーム「immerse」が使用されており、学生同士がVRカリキュラムレッスンを考え、彼らが教え合う学生自走型のVR英語学習が行われています。

「メタバースにおける言語教育」に対しての、新しい教育的アプローチがこれからも生まれていきそうですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む