VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > メタバースにホログラムを投影する「Holotch」がローンチ!パートナー受付開始

メタバースにホログラムを投影する「Holotch」がローンチ!パートナー受付開始

イメージ

ホログラム配信サービスを提供する米・Holotch Incが、誰でも簡単にホログラム配信とメタバース制作が出来るツールのオープンβ版をローンチしました。

それに伴い、メタバース制作のパートナープログラムの一般応募を開始しています。



「Holotch」β版がローンチ

今回β版がローンチされた「Holotch」は、米・Holotch Incが開発・運営するホログラム配信サービスで、

"Holograms for the Metaverse"

としてVR空間内に実写の3D映像(Volumetric Video)といったホログラムを配信するサービスを展開しています。

スマホ動画では実現出来なかった、対面に限りなく近いオンラインコミュニケーションや、リアルとバーチャルを掛け合わせたエンターテイメントの提供を目指しており、ホログラム開発のリーディングカンパニーとして基礎技術開発を行うと同時に、世界中のパートナー企業やクリエーターと共にPoCを行い、市場開拓を行なっています。

β版には4つのソフトを搭載

今回ローンチされたオープンβ版では、

・ホログラム撮影アプリ

・配信サーバー

・Unity Plugin

・Holotch Webプラットフォーム

の4つのソフトウェアが搭載されています。

「ホログラム撮影アプリ」は、Microsoft社のAzure Kinect DKがカメラ・Windowsで使用できるようにしたホログラム撮影アプリで、「配信サーバー」ではクラウドサーバー経由で、ホログラムとメタバース空間を配信します。

また「Unity Plugin」では、Unityで制作された各アプリやメタバース内へホログラムを配信することが可能で、2022年1月にはWindowsアプリ・Android/Oculusへ、2月にはHoloLens2・iOSへの対応が予定されています。

「Holotch Webプラットフォーム」は、Webブラウザでメタバースを体験することができるプラットフォームで、URLで簡単にシェアすることができるほか、パソコンやスマホを使って手軽に体験できます。



パートナープログラム開始

本サービスのパートナープログラム一般受け付けも今回開始されており、

・VR/AR制作会社

・XRクリエーター

・メタバース事業に興味のある事業会社

の利用が想定されています。

これらのパートナー企業やクリエーターには、Holotchオープンβ版が無料で提供されます。

なお、プログラムの説明会も予定されており、初回は1月14日の14:00~15:00となっています。

説明会応募ページ

Holotchパートナープログラム応募フォーム

パートナー参加条件

このHolotchパートナープログラムへは、VR/AR/メタバースの開発や制作実績のある企業・クリエーターが優先して招待されるほか、

・Microsoft社のAzure Kinect DKを所有している事

が参加への必須条件となっています。

なお、カメラが無い参加者へは撮影アプリではなくサンプルデータの提供が予定されており、CPU:6コア以上・GPU:Nvidia RTX2070・RAM:16GB以上・USB3.0ポートなどを搭載したWindowsPCに対応しています。

まとめ

メタバース空間内にホログラムを投影できる「Holotch」のβ版が今回ローンチされ、そのパートナープログラムの一般受付が開始されました。

近頃世界中で話題になっているメタバースのより一層の発展が、期待できそうですね。

パートナー企業にも注目が集まりそうです。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む