VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 今話題のメタバース、半数以上がVR旅行が流行ると回答!どこでもドアTrip調べ

今話題のメタバース、半数以上がVR旅行が流行ると回答!どこでもドアTrip調べ

イメージ

VR旅行体験の「どこでもドアTrip」を運営する株式会社Travel DXが、VR旅行に関する調査を2022年1月19日(水)~1月20日(木)の2日間に実施し、その結果を公開しています。



「どこでもドアTrip」VR旅行に関する調査を実施

VR旅行体験ができるサービス「どこでもドアTrip」が、2月2日の「VRの日」に先駆けた2022年1月19日(水)~1月20日(木)の2日間にわたり、VR旅行に関する調査を実施しました。

今回はその結果が公開されています。

調査は旅行をしたことのある全国の20歳~69歳の男女1,500名(VRゴーグル保有者300名:非所有者1,200名)を対象に、WEBアンケート方式で実施されています。

9割がVRを認知!ゴーグル所有者は1割未満

「どこでもドアTrip」が実施した調査結果によると、VRの認知は計78.9%と高く、20代~60代までのすべての年代で7割を超えるという、

・ほとんどの人が知っている

といった結果になっています。

その一方で利用者は14.9割と低く、最も多いのは20代で21.8%となっており、このことから認知は高いものの、実際に利用したことがあるという人はまだまだ少ないということが分かっています。

イメージ

VRゴーグルの所有は若年世代が多い

また​VRゴーグルを所有しているかの問いでは、全体で1割未満の9.7%という結果が出ており、その一方で20代、30代は1割を超える結果となっています。

イメージ

VRでは非日常が体験できる

次に調査では、旅行経験があるVRゴーグル所有者200名と非所有者1,300名に対して以下の質問をしています。

コンテンツ利用の半数以上はゲーム

VRの利用経験者に対して行われた「どのようなVRコンテンツを体験したことがあるか」という問いでは、

「ゲーム」65.0%

「旅行」「映画」28.6%

という順になっていて、VRゴーグル所有者は「ゲーム」の経験が69.9%と半数を超える結果になっています。

このことからゲームがVRゴーグルを購入したきっかけという人が多いと推察でき、さらに「旅行」も第2位にランクインする結果となっています。

イメージ

また体験してみたいVRコンテンツの項目では、

「映画」33.7%

「旅行」33.0%

「ゲーム」30.3%

という順になっており、体験したことのあるコンテンツ1位の「ゲーム」が体験してみたいコンテンツでは3位に落ちており、「映画」が1位に躍り出ています。

さらに「旅行」はこっちでも2位にランクインしており、このことからVR旅行は今後注目のコンテンツになると予想されています。

イメージ

今後のVRを利用する機会についての項目では、どの年代でも約半数が「増えると思う」と回答しており、特に60代は58.0%が「増えると思う」と回答しています。

このことからも、VRが今後どのように利用されていくのかが注目されています。

イメージ



現実ではできないことを体験できる

「VRでできたらいいなと思うこと」についての項目では、

・海の中や火山噴火口の中なその探索を体験してみたい。

・人間が入れない場所の様子を見てみたい。

・自身のアバターで世界旅行をして世界中の人と交流したい。

といった意見が寄せられており、体力や費用の問題からできないことや現実にはできないこと、コロナ禍で外出できないからこそ思うVR体験に関するエピソードが集まっています。

またコロナ禍で旅行に対する意識も変わっており、

「旅行を控えている」割合が82.9%

という結果が出ており、その一方で「コロナが治まったら国内旅行に行きたい」と83.3%が回答しています。

また「コロナが治まったら海外旅行に行きたい」という割合は48.2%にとどまっており、「しっかり感染症対策がされている国に行きたい」という割合が71.1%にもなっていることから、海外に関しては感染症対策に関して不安を抱いている人が多いと推察されています。

イメージ

「VR旅行のメリットだと思うこと」を尋ねる項目では、

「好きな時間に旅行できる」51.0%

「天候に左右されない」50.7%

「危ないところにも行ける」43.5%

という結果になっており、これらの条件を満たしたVR旅行ができる「どこでもドア Trip」は、今後も注目が集まるとも予想できます。

イメージ

さらに「VR旅行に行ってみたいと思う」と回答した人は、54.2%と半数を超える結果になっており、特にVRゴーグル保有者は80.0%と高い数値が出ています。

このことからもVR旅行に関する興味関心の高さがうかがえる結果となっています。

イメージ

また「VR旅行が流行ると思うか」との問いには53.2%が回答しており、ここでは若年層だけではなく40代~60代まですべての年代で半数を超える結果となっています。

このことからも、多くの人がVR旅行に注目していることが分かっています。

イメージ

※どこでもドアTrip調べ

まとめ

VR旅行を提供しているサービス「どこでもドアTrip」が、VR旅行に関する調査を行い、その結果を公開しています。

それによるとVRコンテンツで利用したことがあるものは「ゲーム」が1位であるものの、やはりコロナ禍もあってVR旅行への注目度が高いという結果が出ています。

現実にはできないことができるのもVRの利点。

今後のVR業界の発展に熱い視線が注がれます。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む