VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > ソニーが「ポケモンGO」のNiantic社と協業!ヘッドホン向けのオーディオAR開発を目指す

ソニーが「ポケモンGO」のNiantic社と協業!ヘッドホン向けのオーディオAR開発を目指す

ソニーが「ポケモンGO」のNiantic社と協業!ヘッドホン向けのオーディオAR開発を目指す

2022年2月16日、ソニーは「ポケモンGO」などのARゲームを開発・提供するNiantic社との協業を発表しました。

協業を通してそれぞれの技術・知見を組み合わせた音声でも楽しめるARアプリ開発などを行う予定です。



第一弾は「Ingress」を活用したオーディオAR体験

第一弾は「Ingress」を活用したオーディオAR体験

発表によると今回の協業により、ソニーとNiantic社は両社が持つ技術を掛け合わせ、ヘッドホン向けに視覚だけでなく聴覚でもARを楽しめるゲーム体験の実現をめざしていきます。

第一弾の取り組みとして、同日ソニーが発表した常時装着型のヘッドホン「LinkBuds」を使ってNIantic社のゲーム「Ingress」で音のARを楽しむ開発を進め、2022年内の提供開始をめざしているとのことです。

「LinkBuds」は、

・現実の世界を遮断することなくクリアなオーディオ体験ができる

・充電やスリープ以外の目的で外れないように設計されている

といった特徴があり、現実世界の音を取り入れつつ、あらゆるタイプのAR体験やARモバイルアプリゲームに没頭するための完璧なデバイスになっています。

また、「Ingress」は位置情報とAR技術を利用して現実の街を使った陣取りゲームを行うNiantic初期の作品で、今でも根強い人気を誇る作品です。





オーディオARが一気に進化する可能性?

ARというテクノロジー全般にとってもソニーとNiantic社の協業は大きなインパクトを持つ可能性があります。

かつてBose社がオーディオARグラスを開発し2018年のSXSW(サウスバイサウスウエスト)で発表し話題になりました。

結局Boseは2020年にオーディオARグラスの製造を中止して以来、表向きオーディオARという分野はほとんど手付かずという状況です。

とはいえ、ゲームや職場、あるいは日常生活でオーディオARがどのようなことを実現できるのか、複数の企業で検討されてきました。

Niantic社のCOO(最高執行責任者)Megan Quinn氏は自身のツイッターで以下のようなコメントをしています。

現実を拡張することは、見るものだけでなく、聞くものについても重要です。オーディオARは初期段階にあり、私たちは強い関心を寄せています。

引用:Twitter

まとめ

ソニーとNiantic社の協業が発表されました。

この協業によりオーディオARの開発・提供を目指していくとしています。

これまでARは視覚的なものが中心となっているため、視覚に障害がある人などはARを楽しめない状況が続いてきました。

オーディオARにより目が見えなくてもARを楽しむことができるようになってくるのではないでしょうか。

ARがどんな人でも楽しめるテクノロジーに進化していく上で、ターニングポイントになる話題かもしれませんね。

ソース:ソニーニュースリリース


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む