VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 自宅にいながらデパ地下体験を!「JR京都伊勢丹VRB1ショップ」が3/2オープン

自宅にいながらデパ地下体験を!「JR京都伊勢丹VRB1ショップ」が3/2オープン

株式会社ジェイアール西日本伊勢丹は、ジェイアール京都伊勢丹オンラインストアに、2022年3月2日(水)午前10時より地下1階食料品フロアのバーチャルショップをオープンすることを発表しました。



VRで「デパ地下」体験できるバーチャルショップ

ジェイアール京都伊勢丹オンラインストア内に、地下1階食料品フロアのバーチャルショップが今年3月2日にオープンします。

買い物行動の多様化やコロナ禍でオンラインショッピング進む中、実際に店舗に行かなくても新商品を見つけるワクワク感や購買体験を楽しめるバーチャルショップとなっています。

DiO社が手掛けるリアルな店舗

バーチャルショップの制作は、京都を拠点に高精細なVRコンテンツを手掛けている株式会社DiOが担当しており、数々の国宝や世界遺産のデジタルコンテンツ制作を手がけてきた、同社の高精細画像を用いた革新的な技術で実際の食料品フロアがリアルに再現されています。

そのため来場者は、あたかも実際に歩きながら買い物をしているかのような臨場感を楽しむことができます。

第1期オープンは『洋菓子エリア』を再現

第1期のオープンでは、3月2日(水)より洋菓子エリアの25ブランドが出展し、各店舗のおすすめ商品を購入することができます。

さらにチャット機能も搭載されており、店舗スタッフへの簡単な問い合わせにも対応してもらえます。



JR京都伊勢丹 VRデパ地下の特徴

高精細画像と最新技術でリアル店舗を再現

ここでは実際の店舗を撮影した写真画像を使い、高精細に360°見渡すことができる来店体験が演出されており、高精細画像とVRを用いたe-コマース技術でリアル店舗を再現しています。

商品のこだわりを空間上に表示

ブランドの紹介やエピソード・商品のこだわりなどを画面上で確認でき、ブランド特性や商品特性を知ることができます。

チャットで問い合わせもできる

サイト上にチャット機能が設置されており、簡単な問い合わせをすることもできます。

バーチャルショップ概要

サイト名:ジェイアール京都伊勢丹 B1F バーチャルショップ

商品点数:約240点〈洋菓子25ブランド〉

※今後、和菓子エリア、酒・老舗 名店の味エリアを追加予定

公開日時:2022年3月2日(水) 10:00

公式サイト(3月2日10:00公開)

まとめ

ジェイアール京都伊勢丹オンラインストアに、地下1階食料品フロアをリアルに再現したバーチャルショップが3月2日にオープンします。

第1期オープンは洋菓子25ブランドの出展のみですが、今後は和菓子エリア、酒・老舗 名店の味エリアが追加されるということです。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む