VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 新たなメタバース空間「Virtual AKIBA World」3/25にオープンへ!

新たなメタバース空間「Virtual AKIBA World」3/25にオープンへ!

イメージ

株式会社HIKKYは2022年3月8日(火)、2021年に業務提携を発表した東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)・株式会社ジェイアール東日本企画(jeki)と共同で、JR東日本が掲げる"Beyond Stations構想"の一環として、オリジナルのバーチャル空間「Virtual AKIBA World(バーチャルアキバワールド)」を、今月25日(金)にオープンすることを発表しました。



「Virtual AKIBA World」3/25日にオープン

今回発表された「Virtual AKIBA World」は、JR東日本が掲げる

駅を“つながる”くらしのプラットフォームへと転換する

を目指している「Beyond Stations構想」の一環として開発されたオリジナルのバーチャル空間で、今月25日(金)11時頃のオープンが予定されています。

ここでは、世界的なコンテンツ集積地である秋葉原の駅と街がバーチャル空間上に再現されており、スマホから手軽に体験することができます。

さらに「リアルとバーチャルの融合」を図る第一歩として、HIKKY社と資本・業務提携しているNTTドコモと連携した取り組みも開始され、今後もさまざまな企業やコンテンツとの空間共創によって、ビジネス創発拠点へと発展させていく計画が立てられています。

イメージ

公式サイト

秋葉原駅とその周辺を再現

ここでは秋葉原駅とその周辺が再現バーチャル空間上に再現されており、リアルさながらに再現された駅空間で改札を通過したり、電車に乗ったり、また秋葉原駅周辺を散策したりなど、さまざまな体験ができます。

もちろん来訪者同士のコミュニケーションも可能で、街を楽しむ新たなスポットとしての役割も期待されています。

またスマホからアプリのダウンロードなしで手軽にアクセスすることができ、JR東日本の強みである駅や車両といったリアルの場から、バーチャル空間にQRコードなどを介してシームレスに遷移することができ、リアルとバーチャルが融合したかのような感覚が得られるようになっています。

開業時には3つの展開も

Virtual AKIBA World(VAW)開業時には、3つのコンテンツが展開されます。

山手線31番目の駅「シン・秋葉原駅」 誕生!

今回、日本を代表する“ヒーロー”4作品によって構成された企画「シン・ジャパン・ヒーローズ・ユニバース」とのコラボが実現しており、期間中はバーチャル秋葉原駅が「シン・秋葉原駅」と名付けられます。

ここではオリジナルデザインのグラフィックと各キャラクターが登場し、来場者を出迎えてくれます。

イメージ

秋葉原駅に「ゲートウェイ」が出現

今月25日(金)~31日(木)には、現実のJR秋葉原駅1F改札内イベントスペースに、「VAWゲートウェイ」が設置されます。

中央のLEDパネルにはVAWの期待感を醸成する動画が流れ、その横に設置されたQRコードブロックからVAWへアクセスすることが可能です。

イメージ

コミュニケーションスペース 「オフ会ルーム」実装

オープン時には、入場者同士でのコミュニケーションができる空間「オフ会ルーム」が、VAW内の機能として実装されます。

ここでは共通の話題で盛り上がれる仲間とルームを作成したり、オンライン飲み会の代わりとして集合したりと、まるでリアルで集まっているかのようなひとときを楽しむことができます。

イメージ



今後はビジネス拠点としての活用も

同空間は今後、リアル空間とバーチャル空間を融合させたビジネスの創発拠点として、さまざまな企業クライアントと共創し、これまでにない体験価値を提供していくことが計画されています。

NTTドコモと連携

計画の第一歩としてNTTドコモとの連携が開始されており、今後のXR領域の発展に向けた取り組みの推進が進められています。

イメージ

リアル駅との相互展開によるバリューアップ

現実の駅空間に、XRの世界観を体験できるスペースの造成が計画されており、ここでは現実の駅空間とバーチャル空間との往来を活性化させ、クライアント企業にバーチャル上での広告展開と販売機会の提供を行っていきます。

例えば、

リアル空間で出稿した駅広告がバーチャル空間でよりダイナミックに表現されたり

バーチャル空間で購入した商品がリアル空間でシームレスに受け取れる

などといった、JR東日本だからこそ実現できる新しい日常の創造を目指しています。

イメージ

これまでにない体験の提供へ

さらに今後は機能が拡充され、限定入場券をNFTで配布するほか、来訪者同士の交流の深度化やイベントの活性化が図られていきます。

将来的には

・バーチャル空間内での買い物体験

・購入した商品が駅で受け取れる

といった、リアルのサービスとの連動によるこれまでにない体験の実現を目指しており、ともにビジネスをつくりあげていく共創のパートナー企業も随時募集されています。

まとめ

HIKKY社やJR東日本らが共同で製作したオリジナルメタバース「Virtual AKIBA World」が、今月25日にオープンします。

ここでは秋葉原駅とその周辺が再現されており、現実の駅やサービスと連動したコンテンツが展開されていきます。

JRならではの今までにない新しいサービスを、ぜひ体験してみてください。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む