VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > メタバースアプリ「MetaTown」リリース!リアルとVRのハイブリットな世界を実現

メタバースアプリ「MetaTown」リリース!リアルとVRのハイブリットな世界を実現

イメージ

ASATEC株式会社は2022年3月10日(木)、リアルメタバースのプラットフォームアプリ「MetaTown」のリリースを発表しました。

ここでは、現実の世界で仮想世界を融合させたハイブリットな世界を実現することが可能です。



メタバースアプリ「MetaTown」リリース

今回リリースされた「MetaTown」は、XR関連のソフトウェア開発/XRソリューションの販売/XRのコンサルティングを手掛けるASATEC社の開発したリアルメタバースプラットフォームアプリで、まるで現実の世界に溶け込んだように仮想世界を融合させることができます。

なお、同サービスは商標登録申請や特許申請中となっています。

コンセプトは街のメディア化

サービス名の"Meta"は超越という意味を持っており、そこから超越した街(Town)を作ることで"街のメディア化"をコンセプトに掲げています。

ここでは、

・XR(AR/VR/MR)

・デジタルツイン

・GPS

・空間認識

の各技術が組み合わされているため、往来のARで活用されるGPSやマーカー認証の技術とは違い、現地の景観にスマホをかざすことで体験することができます。

イメージ

MetaTown特設サイト

現在2社と共同で実証実験中

イメージ

現在は宮崎県の株式会社ケーブルメディアワイワイとの共同で、

・延岡市の街のメディア化の実証事業

・国士舘大学(防災・救急救助総合研究 講師 津波古 憲)と防災教育のプロジェクトの実証事業

が行われており、また埼玉県の株式会社中央住宅が販売する分譲地の販売時に、スマホで分譲地の景観をかざすことで、その土地に3DCGの家を出現させて、営業担当者と顧客がイメージを共有するという取り組みの実証事業も行われています。

イメージ



今後の展開

ASATEC社では今後、「MetaTown」と地域活性化を担う企業や大学と連携させて、

・観光・地域活性化企画

・防災企画

・製造業・建設業・不動産業のDX化企画

など2023年までに100件の企画の提案を目指しており、街のメディア化を促進してくことを計画しているということです。

イメージ

まとめ

リアルメタバースのプラットフォームアプリ「MetaTown」が、今回リリースされました。

ここではXR技術やGPSなどが使われており、まるで現実の世界を溶け込ませたかのような、リアルと仮想世界を融合させたハイブリットな世界を実現しています。

サービスの活用が広まっていけば、不動産業界や観光業界・はたまたエンタメ業界などを中心とした、サービス内容の革命が起きそうですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む