VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 「バーチャル秋葉原」オープン!ショップやギャラリー等をメタバース展開

「バーチャル秋葉原」オープン!ショップやギャラリー等をメタバース展開

イメージ

合同会社AKIBA 観光協議会は、大日本印刷株式会社とともに推進する「バーチャル秋葉原」を、2022年4月1日(金)にオープンしたことを発表しました。




PC用のアプリやVRゴーグルからWebブラウザを通してアクセスすることが可能で、ここでは買い物ができる店舗やギャラリースペース・広告用サイネージが設けられているほか、企業はリアルとオンラインに続く“第三のチャネル”として情報発信や販促活動などに活用することができます。

「バーチャル秋葉原」ついにオープン

今月1日にオープンした「バーチャル秋葉原」は、AKIBA 観光協議会と大日本印刷(DNP)が共同でオープンさせたメタバース空間で、ここではその名の通り秋葉原の街並みが再現されており、

・買い物ができる店舗

・ギャラリースペース

・広告用サイネージ

が設置されています。

本空間にはDMMが運営するPC用のアプリ「Connect Chat」やWebブラウザからアクセスすることができ、WindowsPCのほか一部のVRゴーグルに対応しています。

ブラウザ版はスマホでもアクセスすることができ、来訪者は秋葉原の魅力が体験できるほか、参加企業はリアルとオンラインに続く“第三のチャネル”として情報発信や販促活動などに活用することができます。

イメージ

バーチャル秋葉原公式サイト

あらたな地域活性化を目指して

昨今のコロナ禍でインバウンド需要が減少する中、秋葉原ならではのコンテンツを創出して国内外に安全・安心に情報発信することや、クリエイターが活躍できる新たな場の構築などが課題となってなっており、またDNPでは2021年からXR技術を活用し、自治体や施設管理者公認の空間を構築・運用するXRコミュニケーション事業を推進しています。

こういった背景から今回の「バーチャル秋葉原」は企画されており、ここでは

・中央通りの万世橋から明神下交差点までのエリア

・神田明神

がバーチャル空間に再現されています。

地域・企業・クリエイター・ファンをXRでつなげることで地域経済の活性化を促し、コンテンツ市場のさらなる拡大と新たな“秋葉原ファン”の創出を目指していきます。

リアルな街並みを再現!ショップやギャラリーが並ぶ

ここではリアルな街並みが再現されており、秋葉原の景観の特徴である商標の看板等も地域の事業者の協力によって再現されています。

一部のバーチャルショップでは商品等の陳列ができるスペースが設けられており、ECサイトに誘導して購買につなげることもできます。

またアバターとなった来訪者が集う大型モニターやギャラリーも配置されており、

・同時に映像を視聴するウォッチパーティーのモニター

・商品・作品が展示できるショップやギャラリー

・広告サイネージ

などが設置されています。

これにより企業も、コンテンツを提供して実装するだけで参画することができます。

さらにここでは、アニメやマンガのIPの取り扱いのほかコンテンツホルダーとの新たな取り組みとして、クリエイターによる同IPの二次創作を可能とするビジネススキームも構築されていき、空間内で展示販売も計画されています。

このコンテンツはNFT(非代替性トークン)で管理され、健全な創作ビジネスの循環を実現するようになっています。

北米を中心としたアニメファンが交流するMyAnimeList(マイアニメリスト)との連携も計画されており、世界中のアニメファンの交流の場が作られていきます。

また海外のクリエイターとファンが集うMediBang(メディバン)とも連携し、クリエイターによる二次創作作品の展示販売などで海外ユーザーに向けた認知拡大が行われていきます。

イメージ



二次創作プロジェクトやイベントを展開

バーチャル秋葉原では現在、さまざまなIPとコラボレーションしたイベントやIPの二次創作プロジェクトを順次展開していく予定になっています。

電音部×バーチャル秋葉原 supported by ASOBISTORE

このコンテンツは今月6日までの公開が予定されており、Webブラウザ版でのみ体験可能。

ここでは、バンダイナムコエンターテインメント公式エンタメコマースサイト「アソビストア」が出店しています。

同店では、ダンスミュージックをテーマにした音楽原作キャラクタープロジェクト「電音部」の商品が販売されており、また空間内のビジュアルジャック・コンテンツ視聴でがきるウォッチパーティーも予定されています。

昭和百年展

この展示は今月11日からの公開が予定されており、"東京アニメセンター in DNP PLAZA SHIBUYA"で実施された、新進クリエイター20人による企画展の作品が展示されます

さらに作品をモチーフにしたグッズ販売なども予定されています。

「竜とそばかすの姫」BD・DVD 販売記念企画

この展示は4月中旬以降の公開が予定されており、細田守監督最新作・映画の「竜とそばかすの姫」BD・DVD販売に合わせて、作品の魅力を訴求する場面写真の展示やプロモーション動画の配信が予定されています。

また、リアルな家電量販店と連動した販売企画も予定されています。

「神田明神」歴史紹介

このコンテンツは4月中旬以降の公開予定で、神田明神の境内を散策できるVR空間が一般公開されます。

ここでは、神田明神や東京の歴史文化を知る史料の展示などが予定されています。

イメージ

まとめ

AKIBA 観光協議会と大日本印刷による「バーチャル秋葉原」が、今月1日よりオープンしています。

ここではショップやギャラリー等でのネット販売や広告サイネージなどが設置されており、秋葉原の歴史を知る展示やアニメ・ゲームなどのIPとコラボした企画も行われていきます。

リアルに再現された秋葉原の街並みを、ぜひ体験してみてください。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む