VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 博報堂らの共同プロジェクト「GIBSON」ローカル5GとAR/VR実証実験を実施!

博報堂らの共同プロジェクト「GIBSON」ローカル5GとAR/VR実証実験を実施!

イメージ

株式会社博報堂DYホールディングスは2022年4月7日(木)、同社と株式会社MESONによる共同プロジェクト「GIBSON(ギブソン)」の一環として、東京・丸の内エリアにおける観光・買い物・イベント用途での体験価値検証のためのAR/VR実証実験を、三菱地所株式会社・Tokyo Marunouchi Innovation Platformとの4社共同で実施したことを発表しました。

その結果、サイバー空間への360°映像配信・ローカル5G回線などの活用により、実空間変化をサイバー空間内にリアルタイム伝送することが、体験者へより臨場感をもたらすということが確認されています。



共同プロジェクト「GIBSON」実証実験を実施

今回実証実験が行われた「GIBSON」は、博報堂DYホールディングスとMESONによる共同プロジェクトで、実空間(フィジカル空間)の3Dコピーである"デジタルツイン"を用いてサイバー空間を構築し、そこにログインする遠隔地のVRユーザーと実空間のARユーザーとが、まるで同じ空間で場を共有しているようなコミュニケーション体験を可能にしています。

東京・丸の内エリアで検証

今回の実験では、

・大手町

・丸の内

・有楽町

のいわゆる"丸の内エリア"を対象に行われ、同地区で活動する

・NPO法人大丸有エリアマネジメント協会

・一般社団法人大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会

・三菱地所株式会社

にて構成された実行委員会主催の社会実験「Marunouchi Street Park 2021 Winter」と連携し、"GIBSON"が将来的に活用を想定している観光や買い物・イベント用途での体験価値の検証が行われています。

イメージ



臨場感ある体験の提供が可能

今回の実証実験の結果、同プロジェクトのコンセプトで実現されるコミュニケーション形態において、遠隔地(実験では体験スペース)にいるVR体験者が実際の現地(実験では丸の内)にいるという感覚が得られるのに加え、

“サイバーとフィジカルが融合した新たな空間に自分が実際に居る”

という感覚を体験者にもたらすことが確認されています。

また動的な周囲の状況変化の観測に関わるスコアも高く出ており、想定されていたユースケースである

・観光

・イベント

・コマース

での活用が有望であることも確認されており、オンライン・オフラインをハイブリッドに融合させたオフィスでの活用など、さらなるユースケースの可能性についても提起されています。

イメージ

同プログラムでは今後、今回の検証結果を踏まえてさらなる機能拡張と、物理空間とサイバー空間が高度に融合する社会における新たなコミュニケーション体験やサービス体験についての研究を進めていく計画がされています。

イメージ

Marunouchi Street Parkとは

今回の実証実験と連携した「Marunouchi Street Park」は、2019年からスタートした

丸の内仲通りの今後のあり方や活用方法

を検証する社会実験で、今回で3回目の実施となっています。

今回は初の冬季実施となっていて、「すごそう、冬のストリート」をテーマに、丸の内仲通りの冬の風物詩であるイルミネーションをより楽しめる空間の設計や、寒さを考慮した冬ならではの空間演出により、インフォメーションセンターの機能を持った仮設建築物などが設置されています。

まとめ

博報堂DYホールディングスとMESON社の共同プロジェクト「GIBSON」にて、丸の内エリアでの実証実験が行われました。

ここではローカル5Gを活用したAR/VRについての検証が行われていて、その結果実空間の変化をサイバー空間内にリアルタイム伝送することで、体験者の臨場感向上が確認されています。

今回の検証結果が実用されれば、遠く離れた場所に居ながらも実際のイベントに参加できる・本物と変わらない体験ができる、ということになりそうですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む