VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > エンタメに特化!Alcheがメタバース構築基盤「stellla」を提供開始

エンタメに特化!Alcheがメタバース構築基盤「stellla」を提供開始

Alche株式会社は2022年4月20日(水)、マルチプラットフォーム対応で、多人数の同時参加やアバターのカスタマイズ、デジタル/リアルアセットの決済といったアプリを製作するメタバース構築基盤「stellla(ステラ)」の提供を開始することを発表しました。




「stellla(ステラ)」とは?

今回提供開始された「stellla」は、”メタバースの一角を作る開発基盤”として、メタバース/VR関連のコンテンツ・アプリの開発を手掛けるAlche社により開発されたメタバース構築基盤です。

カスタマイズ型プラットフォームのため、”メタバースというデジタル空間”と”体験”を、コンテンツホルダーやパートナー企業といった複数のユーザーが協同制作することを可能にしています。

iOS/Android/Windows/VRデバイス等、マルチプラットフォームに対応しており、バーチャルライブやテーマパーク型イベントなどの開発、制作に特化しているため、

・キャラクターやコンテンツ

・ブランドの世界観が広がるテーマパーク

・アーティストが表現したい世界

・ライブ会場

といった『遠く離れた世界中の人々が友人や大切な人と一緒に参加できる』メタバース空間が実現可能となります。

エンタメに特化!「stellla」の代表的な機能について

「stellla」の代表的な機能としては、『Unreal Engine』がベースに採用されていることが挙げられ、また大人数のイベントが可能となるマルチプレイ対応な上に『チャット・エモート機能』が実装されたことで、テキストやエモートでのユーザー同士のコミュニケーションもサポート可能となっています。

さらに『マルチステージ』機能によって、複数のワールドの制作が可能な上に複数のイベントを同時開催することも可能で、ライブ・アーカイブ配信など、自由な配信形態が選択できるため、自由な発想で配信することもできます。

音響には『立体(3D)音響』が採用されていることから、リアルタイムで音源との距離や方向が反映されるようになっています。

イベントのチケットやグッズなどがクレジットカード(日本円)により購入できる『EC・物販機能』も搭載されており、制作したメタバース空間でのマネタイズまでも実現できます。

オリジナルアバター・モーション・カスタムステージなどへの対応も、柔軟なシステムにより可能となっており、イベント参加者の増加にも対応できる『AWSを用いたスケーラブルなシステム構成』が採用されています。

”各ワールドへのアクセス数”、”アクティブユーザー数”、”ボタンのクリック率”、”視聴回数”といった「計測に必要なデータ」は、『アナリティクス』機能により記録されるようになっているほか、「ReadyPlayerMe」で自分の写真などから制作したアバターにも『アバターカスタマイズ』機能で対応しているため、自分のオリジナルなアバターで参加が可能となります。





「stellla」のメリット

「stellla」の最大のメリットは、『プラットフォームの制約を減らし、もっと自由に表現を実現できる』という点です。

これは、既存のプラットフォームでは難しかった、『機能、表現、演出、対応デバイスなどがプロジェクトごとにカスタマイズすることができる』ことにより実現されていて、”アプリアイコン”から”UI”・”サウンド”・”ワールド”・”アバター”まで、コンテンツの世界観に応じて統一感を持たせつつ、全てをカスタマイズ可能な「stellla」を活用することで、既存のプラットフォーム側による制約や対応可能なフォーマットなどにとらわれることなく、”世界で初となる取り組み”や”新しい表現への挑戦”が期待されます。

まとめ

メタバース/VR関連のコンテンツ・アプリを開発するAlche社が、マルチプラットフォームに対応したメタバース構築基盤「stellla(ステラ)」のリリースを発表しました。

これにより開発期間の短縮や、Alche社が「コンテンツのビジュアル面・体験の制作」に集中することで、ミュージシャンやアーティスト・コンテンツ・IPが目指す世界観構築の可能性を更に広げることが期待されています。

ビジュアルや音楽・自分好みの空間を、今までより簡単に作ることができるのなら、私だけのメタバース空間を作ってみたいなぁと思わせてくれるニュースですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む