VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 江戸東京博物館がスマホアプリ「ハイパー江戸博」をリリース!国内初のゲームエンジン活用

江戸東京博物館がスマホアプリ「ハイパー江戸博」をリリース!国内初のゲームエンジン活用

2022年4月22日、東京都江戸東京博物館が「江戸をさがす・みつける・あつめる」をテーマにしたスマートフォンアプリ「ハイパー江戸博」のiOS版を同日にリリースしたことを発表しました。

アプリは無料で利用でき、Android版も2022年6月末にリリースが予定されています。



江戸の街を駆け回り、当時の暮らしを学ぶ

江戸の街を駆け回り、当時の暮らしを学ぶ

「ハイパー江戸博」は博物館とゲーム制作会社が共同開発しており、博物館が提供するものとしては国内初となるゲームエンジン搭載の体験型アプリです。

ユーザーは江戸に住む少年としてにぎわう江戸の町を散策しながら、街中に隠された江戸博の収蔵品100点を探していきます。

各エリアを散策することで江戸の暮らしや文化を学ぶことができるほか、

・江戸の名物としてお馴染みの火事や喧嘩

・隅田川の打ち上げ花火や回向院の相撲など江戸の名物イベント

を体験することができます。

そのほか、葛飾北斎や平賀源内など歴史上の有名人も登場するとのことです。

「ハイパー江戸博」の3つの特徴

「ハイパー江戸博」には以下のような特徴があります。

国内初のゲームエンジンを利用した博物館アプリ

国内初のゲームエンジンを利用した博物館アプリ

「ハイパー江戸博」はゲームエンジンUnityを活用して開発されました。

・常設展示室の模型をもとにした3D空間

・歴史資料に基づいたCG

が構築されており、歴史を学ぶ学習機能だけでなくユーザーがゲーム感覚で楽しむことも可能です。

さらに、今後は、メタバースやVRコンテンツとして拡張することも期待されています。

まるで江戸の街中にいるような感覚

まるで江戸の街中にいるような感覚

アプリには一人称視点による画面ビュアー機能も備わっています。

浮世絵や歴史資料をもとに再現された江戸の町を、自分がまるでそこにいるかのように見回すことができるのも特徴です。

様々な分野の多彩なクリエイターが参加

様々な分野の多彩なクリエイターが参加

「ハイパー江戸博」は江戸東京博物館の学芸員と多彩なクリエイターによる協働で開発されました。

登場するキャラクターのモーションキャプチャには、日本舞踊家の藤間涼太朗氏が参加しています。

さらに、CG世界に叙情を与える音楽は、サウンドデザイナーの畑中正人氏が手がけました。

そのほか、共同開発として名を連ねるのが

・初音ミクのバーチャルライブ

・PS4専用ゲーム「Bloodborne」

などを手掛けてきたゲームスタジオ株式会社ライノスタジオです。



「ハイパー江戸博」の基本情報

プラットフォーム:iOS / Android

配信開始日:2022年4月22日(iPhone)、2022年6月末予定(Android)

アクセス方法iPhone版

料金:無料

WEB特設サイト

まとめ

江戸の街を散策できる体験型スマホアプリ「ハイパー江戸博」がリリースされました。

ゲームエンジンを活用して構築されたアプリ内の江戸の街は、VRコンテンツとしての成長も期待されています。

さらに、メタバースとして展開していくビジョンも想定されおり、実現すれば日本ならではの特徴的なメタバースとなるのではないでしょうか。

これからの成長が非常に楽しみなアプリとなりそうですね。

ソース:公益財団法人東京都歴史文化財団のプレスリリース[PR Times]









筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む