VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 900曲以上が歌い放題!メタバース「VARK」に無料で作れるカラオケルーム登場

900曲以上が歌い放題!メタバース「VARK」に無料で作れるカラオケルーム登場

株式会社VARKは、エンターテイメント特化型メタバース「VARK」内にカラオケ施設をリリースしたことを発表しました。



カラオケが楽しめる多目的ルーム

「VARK」では、2022年4月27日に行われたのアップデートにより、iOS、Android、Meta Quest2から同時に参加することができるカラオケ施設がリリースされています。

VARKアプリをダウンロードすることで、誰でも無料でカラオケルームを作成することができ、用意されている楽曲の中からカラオケを楽しむことができます。

カラオケの練習用に一人で利用することも、友達と一緒に盛り上がることもできます。

また、カラオケだけでなく雑談部屋としても利用できるなど、様々なシーンで活用可能です。

対応デバイスとアプリ

スマートフォン・タブレット(iOS、Android)、Meta Quest2で、利用可能です。

iOS

アプリダウンロード:App Store

Android

アプリダウンロード:Google Play

Meta Quest2

アプリダウンロード:Meta Quest Store

詳細:VARK_カラオケ



VARKカラオケの特長

みんなで盛り上がれる

同じカラオケルームに、複数人が一緒に入ることができ、どのデバイスからも歌ったり、友達の歌を聴いたりすることができます。

歌うことが出来るのは一人のみでとなっており、カラオケで歌う際にはイヤホン・ヘッドホンが必要となります。

ギフトを贈ったり、空間演出ができる

紙吹雪やクラッカーなどおなじみのギフトから、一瞬でルームを宇宙空間に変えてしまう演出まで、様々なギフトが用意されています。

さらに、有料のギフトを贈られた人は、ギフトポイントを獲得することができます。

またギフトではなく、ハートを出したり、「いいね」サインをだしたりして盛り上げることもできます。

楽曲は900曲以上

カラオケ施設では、900曲以上楽曲を無料で歌うことができます。

また、今後選択可能になる楽曲は、ユーザーのリクエストをもとに随時更新される予定でとなっています。

雑談部屋としても利用できる

リアルなカラオケルーム同様にカラオケを楽しむだけでなく、友達との雑談部屋としても利用することができます。

ドームでのVRライブやイベントに参加した友達と二次会の会場として楽しむことも可能です。

まとめ

エンターテイメント特化型メタバース「VARK」に、アップデートに伴い、iOS、Android、Meta Quest2から同時に参加することができるカラオケ施設がリリースされました。

アプリをダウンロードすれば、スマホからも簡単にカラオケルームを利用することができ、900曲以上の楽曲を無料で歌うことができます。

歌詞が表示されるモニターもリアルカラオケに負けないクオリティで、一人で練習するのにも最高の環境です。

「VARK」では、カラオケ以外のイベントも開催する予定としていて、今後の活用に期待が高まりますね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む