VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 「Crypto Art Fes 2022」開催決定!アーティストや作品の募集は5/22まで

「Crypto Art Fes 2022」開催決定!アーティストや作品の募集は5/22まで

株式会社BeyondConceptは、昨年に引き続き2回目の開催となる、世界最大級のクリプト・アートの祭典「Crypto Art Fes 2022」を、2022年7月11日(月)~7月17日(日)に開催することを発表しました。

開催にあたり、参加アーティストや作品、一緒に接続して盛り上げていくメタバースランドが、今月22日まで一般募集されています。



「Crypto Art Fes 2022」とは?

「Crypto Art Fes 」は、バーチャル展示空間「Conata」にNFTクリエイションを展示するバーチャル展示会で、2回目の開催となる今回の祭典では、名称を「Crypto Art Fes 2022」とし、BeyondConcept社の代表mekezzo氏と、SBINFT株式会社のNORI氏がオーガナイザーを務めています。

”デジタルとフィジカルが融合したクリプトアートフェスティバル”をコンセプトに掲げ、メイン会場にはメタバース「Conata」が、フィジカル会場には渋谷が選定されており、フィジカル会場では”展示””NFTにまつわるトークショー”など、昨年にはない企画も予定されています。

開催期間は今年7月11日(月)~7月17日(日)で、期間中には、注目のNFT音楽イベント「VVAVE3」や、国内外のブロックチェーン関係者が集う「Japan Block chain Week 2022」ともコラボレーションすることが決定しています。

そのほか、同時期に開催のイベント等との連携も模索されており、相互集客や誘導により業界を盛り上げていきたいとしています。

なお、チケットの販売は今年6月10日(金)から開始となります。

「Crypto Art Fes」の開催意義

1回目の「Crypto Art Fes」は2021年4月に開催され、約100名のアーティストが参加し300作品以上がメタバース会場に展示されたことで、”NFTを活用したデジタルアートフェスティバル”という、新しいジャンルを確立しています。

日本国内のブロックチェーン業界において“NFT元年”とされた2021年から1年が経過しましたが、「NFT」は ”WEB3.0”、”DAO”、”メタバース”など多くのバズワードと紐づけられることで、『世の中の認知』を拡大し続けています。

日々新しい情報が増え続けているという世界的な情勢の中で、BeyondConcept社では「Crypto Art Fes」を通じ

・「NFT」は我々に何をもたらすのか?

・クリプト・アート とは何なのか?

を探求することにより、「NFTの現在地」を考えたいとしています。



参加アーティストおよび作品の募集要項

「Crypto Art Fes 2022」は、

・NFTを活用したデジタルアーティストに作品の発表の場を提供すること

・国内外のNFTコレクターやアーティストの積極的なコミュニケーションの場となること

を目的にしており、その参加アーティストや作品・一緒に接続して盛り上げていくメタバースランドが募集開始されています。

期間は今月22日までで、「応募フォーム」からエントリーすることができます。

参加者および展示作品は、mekezzo氏、NORI氏、takase氏、Bill Lee氏などで構成される選定チームによる厳正な審査を経て決定します。

参加が決定したアーティスト・コレクターは

・「CAF メインワールド」のチケットを購入し、自身の所有する作品を自由に展示する

・メタバース内に各オウンド空間を紐づける

ことができることから、「CAF メインワールド」の展示と「WORLD CONNECTORS(ワールドコネクターズ)へのリンク」の2パターンで「Crypto Art Fes 2022」を楽しむことができます。

まとめ

NFTを用いたメタバース上でのサービスおよび商品企画を行なうBeyondConcept社が主催する、最大級のクリプト・アートの祭典「Crypto Art Fes 2022」が、2022年7月11日から開催されることが発表されました。

開催に先立ち、参加アーティストおよび作品の一般応募が始まっており、応募期限は今月22日までとなっています。

デジタルアートは、作品を探すことも、購入することも、保管することも、リアルな芸術作品の収集よりも気軽に楽しむことが出来そうで、見るだけだったアートが、所有するアートへと変化する楽しみが広がりそうなニュースですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む