VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 三越伊勢丹の「REV WORLDS」にトヨタのバーチャルショールームが登場!

三越伊勢丹の「REV WORLDS」にトヨタのバーチャルショールームが登場!

イメージ

百貨店大手の三越伊勢丹の運営するスマホ向けVRアプリ「REV WORLDS(レヴ ワールズ)」に、トヨタ自動車の燃料電池自動車(FCEV)「MIRAI」のバーチャルショールームが、2022年5月20日(金)より仮想新宿アルタ前ターミナル広場に登場しています。

ここでは、リアルスケールの「MIRAI」を見たり、燃料電池自動車の仕組みについて学ぶことができます。



トヨタのバーチャルショールームが登場

三越伊勢丹のスマホ向けVRアプリ「REV WORLDS」内の仮想新宿アルタ前ターミナル広場に、トヨタ自動車の燃料電池自動車「MIRAI」のバーチャルショールームが登場しており、同車リアルスケールの3Dモデルなどが展示されています。

「REV WORLDS」は、アプリ内の空間に新宿東口の街の一部エリアや伊勢丹新宿店が再現されており、他にも東京ドームや地下闘技場などが再現されていたり、期間限定でコラボイベントが行われていたりします。

イメージ

トヨタ自動車のバーチャルショールームが登場

トヨタのバーチャルショールームに展示されている「MIRAI」は、時間経過とともに色が変化する仕様になっており、実際に販売されている全8色のカラーモデルを見る事ができます。

この燃料電池自動車「MIRAI」は、カーボンニュートラル実現のために、電動車両をフルラインナップで揃えるというトヨタ自動車の戦略の一翼を担っている車種で、全8色のカラーモデルが見れるほか、様々な映像やコンテンツを通して同車種や水素のことを知ることができます。

イメージ

初のカーショールーム設置

「REV WORLDS」では、顧客体験の向上のために現在展開していないカテゴリーの拡充を目指しており、今回の展示はその目標の下で企画されたもので、実際の伊勢丹新宿店では取り扱いのない車のバーチャル展示が実現されています。



「MIRAI」について知ることができる

ショールームでは、ユーザーはアバターを通してリアルスケールの「MIRAI」が見れるほか、動画などで「MIRAI」について詳しく知ることができます。

同車種は回転しながら展示されており、時間が経つとともに全8色に変化し、実際に販売されているカラーバリエーションも見ることができます。

イメージ

FCEVについて学べるブースも

また燃料電池自動車(FCEV)について学べるブースもショールーム内に設置されており、ここでは

・燃料電池自動車が動く仕組み

・「MIRAI」のある生活

など様々な内容を、トヨタ自動車のオリジナルコンテンツ(サイト)で学ぶことができます。

イメージ

「MIRAI」とは

ここで展示されているトヨタ自動車の「MIRAI」は、水素を燃料とする燃料電池自動車で、ゼロエミッションでありながら短い燃料充填時間で長い航続距離を可能とするエコカーになっています。

同社によると同車種の現行型は、FCEVであることは前提としながらも

「お客さまが一目ご覧になった時、運転されている最中、さらには乗り終わった後、それぞれの瞬間において、お客さまに『このクルマはいい、本当に欲しい』と思っていただける、未来のプレミアムカーをご提供すること」

を目標に開発したということです。

まとめ

三越伊勢丹が提供するVRアプリ「REV WORLDS」のターミナル広場に、トヨタ自動車の燃料電池自動車「MIRAI」のバーチャルショールームが登場しています。

ここではリアルサイズの同車種が展示されているほか、燃料電池自動車の仕組みについて学べるブースも設置されています。

ぜひアクセスして、ショールームを体験してみてください。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む