VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > VRニュースイッキ見!【前編】「ナイアンティックがリアルワールドARマップを開発者向けに公開!」など注目記事を振り返り!!

VRニュースイッキ見!【前編】「ナイアンティックがリアルワールドARマップを開発者向けに公開!」など注目記事を振り返り!!

VRニュースイッキ見_2022年6月4日_前編

週末恒例!

今週(5/27〜6/2)で注目を集めた10記事を土日の2日間に渡ってお届け!

「こんなこともあったなぁ」

っていう情報があるかも?

それでは早速前半5記事見ていきましょう!



①ARで更地に家が出現!住宅販売営業支援サービス「build+」中部地方初導入

VRニュースイッキ見_ARで更地に家が出現!住宅販売営業支援サービス「build+」中部地方初導入

AR技術を活用した住宅販売時の営業支援サービス「build+(ビルドプラス)」が、中部地方で不動産の販売を手掛ける不動産SHOPナカジツに採用されました。

「build+(ビルドプラス)」は、ASATEC社が運営する『MetaTown』のアプリケーションで体験することができるサービスで、3DCGの建造物を”空き地の上にあたかも存在するかのように”表示させることによって家のイメージを顧客が把握しやすくなります。

ASATEC社では今後、パートナーの企業や団体と共に、

・自治体の地域活性化企画

・防災・交通安全企画

・製造業・建設業・不動産業のDX化企画

など、2023年までに100件の企画を目指し、街のメディア化を促進したいとのことです。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-207722/

②FN専門メタバース制作スタジオ「NEIGHBOR」設立!トップクラスのクリエイターが集結

VRニュースイッキ見_FN専門メタバース制作スタジオ「NEIGHBOR」設立!トップクラスのクリエイターが集結

5月26日(木)、バトルロイヤルゲームの"フォートナイト"を利用したメタバース制作スタジオ「NEIGHBOR」が誕生しました。

株式会社TOGEKIが設立した「NEIGHBOR」には、フォートナイトクリエイターの中でも最高峰の知名度と技術を持つ

・チームVERSE

・チームConnect

を筆頭に世界トップクラスの技術を持つクリエイターチームが集結し、大規模なメタバース制作など幅広いニーズに応えることができます。

すでに法人向けのサービスの受注が開始しており、フォートナイトを利用したメタバース空間を制作し、それを利用したイベントやPRのサポートが行われていくとのことです。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-207767/

③VRで職業体験や伝統文化などを体験!「REDEE」に校外学習向け体験メニューが登場

VRニュースイッキ見_VRで職業体験や伝統文化などを体験!「REDEE」に校外学習向け体験メニューが登場

日本最大級のデジタル教育施設「REDEE(レディー)」は、校外学習や修学旅行向けにVRを活用した体験メニューの提供を開始したことを明らかにしました。

これまでもeスポーツ体験やプログラミング学習など最新テクノロジーを活用した学習体験を提供してきたREDEEですが、今回導入されたのは

「防災」

「地理・歴史」

「伝統文化」

「アート」

「職業」

などをテーマにした、より臨場感のある体験学習ができるVRコンテンツです。

また、VRやメタバース以外にも従来からのプログラミング体験やプログラミング学習、ドローン体験といった本物のデジタルに触れる1日デジタル校外学習、出張イベントも提供されています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-207760/



④PayPayドームをメタバース化!ソフトバンクと福岡ソフトバンクホークスが協業

VRニュースイッキ見_PayPayドームをメタバース化!ソフトバンクと福岡ソフトバンクホークスが協業

プロ野球福岡ソフトバンクホークスの本拠地であるPayPayドームが、メタバース化された「バーチャルPayPayドーム」が「5G LAB」の新サービスとして5月27日から提供が開始されました。

「バーチャルPayPayドーム」はソフトバンク社および福岡ソフトバンクホークス社の協業によって実現したもので、

・「PayPayドーム」の内外を3Dアバターとなり自由に散策する

・コロナ禍前の定番の応援スタイルだった「ジェット風船を飛ばす」

・ユーザー同士がチャットでコミュニケーションを楽しむ

・野球の試合が開催時限定の「準リアルタイム投球体験」

といったことが体験できます。

また、『現実空間におけるメタバースの取り組み』として現実のドーム来場者向けに

・球団公式VTuber”コンビ「うみひな」のAR体験

・練習中のグラウンドで選手データや投球解析などのAR体験

などのロケーションベースAR体験が提供されています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-207836/

⑤ナイアンティック社がリアルワールドARマップを開発者向けに公開!

VRニュースイッキ見_ナイアンティック社がリアルワールドARマップを開発者向けに公開!

5月24日〜25日(米国時間)、『ポケモンGO』などで知られるナイアンティック社が開催した開発者向けイベントLightship Summitにて、ARコンテンツをより高い制度で提供するためのLightship VPSを正式に発表しました。

Lightship VPSを使うことで、ナイアンティックが作成した3Dマップを活用してユーザーのデバイス位置を即座に特定し、ARコンテンツを「センチメートルレベルの精度」で特定の場所に固定できるようになります。

Lightship VPSは現在、

・東京

・サンフランシスコ

・ロサンゼルス

・シアトル

・ニューヨーク

・ロンドン

の主要6都市で有効化されており、ナイアンティックによると年内に100年に拡大してVPSを展開する予定とのことです。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-207748/

まとめ

今週前半はAR、VR、メタバースと幅広い分野の話題が登場しました。

特に現実世界と地続きになったメタバースの話題が目立っています。

現実世界と切り離されたメタバースが何だかよくわからないものとする人が多い一方で、現実とつながり、便利にするようなメタバースが増えてくれば自ずとユーザーも増えてくるのではないでしょうか。

しかも、国内企業も現実世界と続いているメタバースの取り組みに力を入れ始めているようです。

この分野で日本が世界をリードできるようになると嬉しいですね。

注目のニュース記事、後半の残り5記事は明日公開します!

お楽しみに!









筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む