VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 「バーチャルマーケット2022 Winter」12/3~18に開催!名古屋などがパラリアル化

「バーチャルマーケット2022 Winter」12/3~18に開催!名古屋などがパラリアル化

イメージ

今冬に開催される「バーチャルマーケット2022 Winter」の日程が、2022年12月3日(土)~18日(日)の計16日間に決定されました。

今回は企業出展会場として「パリ」「札幌」「名古屋」の3都市がパラリアル化することも公開されており、その法人出展企業の募集が開始されています。



「バーチャルマーケット2022 Winter」12/3~18に開催

「バーチャルマーケット2022 Winter」は、VR法人のHIKKYが運営する世界最大のVR展示即売会で、今年12月3日(土)~18日(日)の計16日間にわたって、メタバースプラットフォームの"VRChat"特設ワールドにて開催されます。

ここでは世界中から大勢の人がアバターとなって集まり、企業やアーティスト・一般クリエイターやサークルが出展している作品や商品を、見たり体験したり購入したり、またメタバースならではの演出が施されたイベントを楽しんだりします。

今回のテーマは「NEXT Journey」

今冬に開催されるバーチャルマーケットのテーマは「NEXT Journey」になっており、

・インターネットの時代から次のメタバースの時代へ

・2D画面の世界から3D空間の世界へ

という、バーチャルマーケットがメタバースを通して次の時代を定義するといった思いが込められています。

バーチャルの世界でならいつでもどこからでも、瞬時に様々な地域への“空間の旅”が可能なことから、バーチャルマーケットで次の時代への旅を始めよう!というテーマになっています。

公式Twitter

公式YouTube

公式Instagram

名古屋など3都市がパラリアル化

企業出展会場は、世界中の都市をメタバース時代に合わせた形で実現する「パラリアルワールドプロジェクト」として、毎回いろんな都市がパラリアル化されており、今年8月に開催の「バーチャルマーケット2022 Summer」では、大阪とニューヨークが再現されています。

今回はその第3弾として、

日本の冬の街の代名詞「札幌」

東海エリア第1の都市「名古屋」

海外都市として初のヨーロッパからフランスの首都「パリ」

の3都市が決定されています。

イメージ

パラリアル札幌イメージ

このプロジェクトは、リアルの都市をメタバース上に再現しパラリアル化することで、時間や距離の概念にとらわれない現実世界とバーチャル空間の共創を叶えることを目的にしており、また今回のテーマである「NEXT Journey」に関連して、旅立ちや旅行の要素をふんだんに使った演出が会場に施される予定になっています。

イメージ

パラリアル名古屋イメージ




法人出展の受付も開始

また今回の会場公開と併せて法人出展の募集も始まっており、企業出展問い合わせフォームにて受け付けられています。

なお、一般出展申し込みの開始や一般出展会場の各コンセプトに関する情報は後日の解禁予定になっており、詳細情報はVket公式ツイッターからも順次公開されていきます。

イメージ

パラリアルパリイメージ

まとめ

「バーチャルマーケット2022 Winter」の開催日程が、12月3日~18日に決定されています。

今回の企業出展会場は、「パリ」「札幌」「名古屋」をパラリアル化した3会場になっており、また法人出展の募集も始まっています。

今冬はどんな企業が出展し、どんなコンテンツが見られるのでしょうか。

世界中の注目が集まりそうです。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む